--年--月--日 (--) | Edit |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2010年02月25日 (木) | Edit |
    今日と明日で、レーシックの向き不向きついてまとめようと思います。

    デメリットについて書いた時にも書きましたが、適応検査の結果、手術を受けられない人もいます。

    <レーシックに向いている人>
    ・眼鏡やコンタクトでは視力が矯正しきれない人
    ・体質的にコンタクトができない人
    ・近視では採用してもらえない職業を希望している人
    ・眼鏡やコンタクトを使用していると危険を伴うスポーツをしている人
    ・左右の屈折率が著しく違う状態にある『不同視』の人
    ・左右の視力にかなりの差がある『同種不同視』の人
    ・片眼が近視で片眼が遠視というような『異種不同視』の人
    ・強度乱視でコンタクトが合わない人
    ・花粉症やハウスダスト等のアレルギーでコンタクトが装着できない人

    夫はジョギングをしたがっているので、やっぱりレーシックは魅力的なようです。
    また花粉症なので、年明けからゴールデンウィークくらいまではコンタクトができず、とても不便な思いをしています。
    適応検査を受ける前の今は、レーシックが適応することを祈るばかりです。
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。