--年--月--日 (--) | Edit |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2010年09月15日 (水) | Edit |

    夫が有楽町の銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院) でレーシックを受けてから6ヶ月が経ちました。
    銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院) の術後検診は、夫が受けたiFSイントラレーシックの場合、翌日検診、1週間後検診、1ヶ月後検診(40歳以上の人のみ)、3ヶ月後検診となっており、3ヶ月後検診以降は必須ではありません。
    多くの人は術後3ヶ月で眼の状態が安定する為、3ヶ月の時点で大きな問題がなければ受けなくて良いことになっています。

    とはいえ、気になることがある場合は予約を入れればいつでも受診できます。
    夫はドライアイがまだ残っている為、ちょくちょく目薬をもらいに行っています。
    ドライアイはコンタクトをしていた頃と同じくらいの程度なので、とても辛い後遺症という訳ではありません。目薬をもらいに行くと検診もしていただけるのですが、嫌な顔ひとつせず、とても丁寧に対応してくださいます。他のクリニックでは愛想なく面倒くさそうに対応されたという話も聞くので、つくづく銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院) にして良かったと思います。

    以前もらった目薬が残り1本になり、ちょうど仕事の合間に行けそうだったので、先日予約を入れて目薬をもらいに行きました。3ヵ月後検診の時にもらったヒアールはしみるので、今回はしみないものをお願いしました。

    今回もらった目薬『ヒアレイン点眼液0.1%』
    ヒアレイン点眼液0.1% 

    今まで眼を潤す効果のある点眼薬を何種類かもらいました。
    術後すぐ・・・『ヒアロンサン』保存料が入っていない為、開封したらすぐに使い切らなければならない。しみない。
    3ヵ月後検診・・・『ヒアール』保存料が入っている為、しみる。
    今回・・・『ヒアレイン』保存料が入っているが、しみない。

    その他に同じ効果がある『ソフトサンティア』という目薬をもらったという人もいるので、夫もこれをもらうのかなと思っていたのですが、違いました。ソフトサンティアには保存料が入っていない為、開封したら10日くらいで使い切らなければいけないとのこと。 使い切れず残ってしまった場合は捨てなければいけないので、今回は保存料が入っていて、尚且つしみない『ヒアレイン』が処方されました。

    いつものように、検診もしてもらいました。ちょうど6ヵ月後検診といったところです。
    視力検査では両眼1.5をキープ!免許の条件解除の時と同じく、ランドルト環の一番下まで見えたそうです。また、暗い部屋で眼球の写真を撮られ、診察の時に見せてもらえました。この写真で眼球の歪みが分かるそうで、歪んでいる眼球の見本写真と比べます。夫の眼球は歪んでおらず、とても滑らかできれいだったそうです。あと、写真をよーく見るとフラップの跡がうっすら確認できました。もう完全にくっついているので心配ないとのことでした。

    平日の昼間だというのにクリニックはとても混んでいたそうです。
    人気がでてきている証拠ですね。
    青山先生は忙しいのに「またいつでも来てくださいね」と言ってくださって、本当に優しい先生です。アフターケアもしっかりしているので、妻の私も安心していられます。
    良いクリニックに出会えて本当に良かったです。

    詳しくは、銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院)http://www.sbclasik.net/

    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。