--年--月--日 (--) | Edit |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2010年07月20日 (火) | Edit |

    夫が銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院)でレーシック手術を受けてから、もうすぐ4ヶ月が経ちます。
    6/25日には、夫の3ヵ月検診に一緒に行ってきました。
    銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院)は以前より患者さんが増えていて、スタッフさんも増えていて、ますます人気が出てきているなぁと実感しました。

    受付の横にはiPadが何台か置かれていて、自由に体験できるとのこと。
    この情報は、以前に紹介した方から伺っていたので、3ヶ月検診前から楽しみにしていました。初めは操作の仕方が全然分からず試行錯誤でしたが、やっているうちに慣れてきて、検診が終わった後にランチする店を検索したりして遊んでいました。

    さて、今日は3ヶ月検診の結果を書きたいと思いますが、いつもとは違います。
    3ヶ月検診に行ったのは6/25なので、約1ヶ月後のUPになる訳ですが、これには理由があります。

    なんと、夫が自ら記事を書いてくれました!

    普段はお仕事が忙しい為、私が夫を取材して記事を書いていましたが、ここへ来て遂に夫の登場です!お仕事が忙しくてなかなか記事を書けなかった為、約1ヶ月後のUPとなりました。今後はちょいちょい夫が登場する予定です。
    それではどうぞ~!


    早いもので、レーシックを受けて三ヶ月が過ぎました。
    三ヶ月検診の結果をお伝えします。

    まず、視力検査の結果は左が1.5、右が2.0でした。
    とはいっても、感覚的には両方共2.0が見えるか見えないか位でしたので、
    両目1.5~2.0という感じですかね。
    しかし、以前の視力が0.1もなかったことを考えると、信じられない事実です!

    しかも、メガネやコンタクトで矯正していた時よりもはっきり、くっきり、そしてすっきり見えます。

    青山先生による検診の結果も、特に問題がなく、「術後三ヶ月の間、これだけ視力が安定していれば、まず大丈夫ですよ。」と太鼓判を押して頂けました。
    青山先生曰く、術後暫くして視力が落ちてきてしまうような場合、何らかの兆候がこの期間に表れてくるとのことです。

    少しまだ目が乾く症状があると言ったら、目薬を処方してくれました(フルオロメトロン0.1%×2本、ヒアール点眼液0.1×6本) 
    フルオロメトロン&ヒアール 

    ヒアール点眼液0.1は以前頂いたヒアロンサン点眼液0.1%よりしみる…。
    成分的にはどちらもヒアルロン酸ナトリウム1mgなのに、なぜ??
    その他の成分の配合が違うのかな?
    個人的にはヒアルンサン点眼液0.1%の方が好みでした。
    しみないし、容器もかわいいし、使いやすいし(笑)

    (その後、ヒアールがしみるのは、保存料が入っているからだということが分かりました。レーシック直後は保存料が入っていない点眼薬が処方され、レーシック後しばらく経っている場合は保存料が入っていても大丈夫とのことです。しみるのが苦手という人は、言えばソフトサンティアというしみない点眼液を処方してもらえます)

    レーシックをして、本当によかったです。

    ビバ・レーシック!!
    ビバ・銀座近視クリニック!!
    ビバ・青山先生!!
    そして、奥さんありがとう。

    詳しくは、銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院)http://www.sbclasik.net/

    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。