--年--月--日 (--) | Edit |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2010年05月07日 (金) | Edit |

    神奈川クリニック眼科が、倒産してしまいました。
    破産申請は5月6日付けで、今日7日に発表されました。
    大手だから安心という時代ではなくなってきているのを改めて実感しました。
    4月末には東京レーシックセンターも閉院しましたし、たった1週間で2つのクリニックが無くなってしまったのには正直驚いています。

    神奈川クリニック眼科のHPを確認しようと思ったのですが、何回やってもサイトに繋がりません><今はアクセスが集中してパンク状態なのかも知れません。

    神奈川クリニック眼科の事業は、神戸クリニックを運営する稜歩会(神戸市)に譲渡され眼科医院事業は継続するそうです。神戸クリニックは東京、神戸、大阪、北海道、北九州にあるので、神奈川クリニック眼科の東京、大阪、福岡で治療を受けた人はちょっと遠くになってもアフターケアを受けられますが、名古屋で治療を受けた人はどうなっちゃうのでしょうか・・・。保障期間も一番長い施術で10年ですから、この間に神戸クリニックが倒産てことになったらまた転院しなければなりませんよね。

    レーシック業界って、こんなにも不安定なのでしょうか。
    患者はその都度振り回せれるしかないのでしょうか・・・。

    儲け主義の経営、芸能人などを起用した莫大な広告費を注ぎ込んだ経営、身の丈に合っていない高額な機器の導入、公正取引委員会から規定違反の疑いで警告を受けるなど、余計な負担がかかっているクリニックは今後危ないのかも知れません。

    でも、患者にクリニックの経営状況なんて分からないんですよね。
    だからこそ事前に色々調べようとネットで検索したりもするのですが、そこには優良コメントばかりのアフィリエイトサイトが満載で、真の情報を得るのはとても難しいのが現状です。そして、大手を選べば安心という安易な考えに繋がるわけです。
    大手ほど危ないと思うのは、私だけでしょうか・・・。

    ではどうしたら安心・安全なクリニックを選べるのでしょうか?
    百聞は一見にしかずと言うように、無料の説明会や適応検査を実際に受けてみて、自分の目で確かめるしかないのかも知れません。でも、事前に確かめられるチャンスがあるだけ良いのではないかと思います。上辺だけのサービスなのか、親身になってしてくれるケアなのか、実際に目で見て、肌で感じれば見抜けるはずです。

    私の夫は、神奈川クリニック眼科の適応検査も受けました。
    悪い印象ではありませんでしたが、結局選んだのは銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院)でした。
    なんかここで受けたいと、ピン!ときたんだそうです。
    やっぱりそういう感覚って、大切なんだなと思いました。

    私の個人的な考えですが、今後レーシック業界のし烈な競争を生き抜くクリニックは、銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院)SBC新宿近視クリニックと予想しています。何故ならこの2つのクリニックは体験者の評価がとても高いので、患者に対して親身になって治療をしてくれている証拠だと思うからです。これからレーシックを受けようと思っている人には、真に信頼できるクリニックに出会ってほしいと心から願っています。

    事業を継承する神戸クリニックのHPはコチラからご覧ください。
     レーシック 視力回復
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。