--年--月--日 (--) | Edit |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2010年03月17日 (水) | Edit |
    レーシックの種類って沢山あって、何が違うの?と混乱してしまいます。
    1つの医院でも色んな種類があって、その違いも分からないのに、他の医院と比べるとなるともっと分からなくなります。Q&A系のHPでも質問されているので、私と同じように迷っている人が沢山いるみたいです。

    今日は、品川近視クリニックの手術の違いについてまとめようと思います。
    なお、手術名が長いものもあるので、以下のように記述させてもらいます。

    アマリスZレーシック・・・アマリス
    品川プレミアムZレーシック・・・プレミアムZ
    品川トリプルRプレミアムイントラレーシック・・・トリプルR
    アイレーシック(iLASIK)・・・iLASIK

    1.角膜の表面にフラップを作る際の機器が違う

    手術名

    機  器

     アマリス Ziemer社製 FEMTO LDV
     プレミアムZ Ziemer社製 FEMTO LDV
     トリプルR AMO社製 イントラレースFS60レーザー
     iLASIK AMO社製 イントラレースFS60レーザー

    <FEMTO LDVの特徴>
    ・トップビューカメラが搭載されており、手術中も患者の眼を確認しながら進行することができる。
    ・フラップの位置を微調整できる機能もあり、正確性安全性ともに優れている。
    ・フラップの作成がエキシマ室で行える為、イントラレーザー照射室からエキシマレーザー照射室へ歩行移動の必要がない。
    ・照射エネルギーが非常に低いため、手術後に炎症や眩しい症状が出にくい。

    <イントラレースFS60レーザーの特徴>
    世界的に高い評価を得ている。
    ・誤差調整マイクロシステムを付設しており、フラップの厚さの誤差を極限まで無くせる。

    <その他>
    FEMTO LDV、イントラレースFS60レーザー共に国内では未承認であるが、米国のFDA (日本の厚生労働省にあたる)では認可されている。

    2.角膜を削りレーザーで視力矯正をする際の機器(エキシマレーザー)が違う

     手術名

     機  器

     アマリス Schwind 社 アマリス
     プレミアムZ

     Wavelight社製 Allegretto WAVE Eye-Q 400Hz blue line

     (コンディションメーター付設)

     トリプルR

     Wavelight社製 Allegretto WAVE Eye-Q 400Hz blue line

     (コンディションメーター付設)

     iLASIK VISX社製 VISX STAR S4 IR

    <アマリスの特徴>
    眼の動きを5次元で1秒間に1050回という速さで認識することにより、正確なレーザー照射が可能。
    ・5次元で動きを認識するシステムはアマリスのみに搭載されている。
    ・眼の傾きにも対応でき、正確な照射位置を瞬時に判断できる。
    ・2段階の照射レベルを融合させることで、より早く、より正確なレーザー照射を実現し、照射時間の短縮によって角膜へのダメージを軽減できる。
    ・熱を分散させる照射システムを搭載しており、レーザーが重なって照射されることを防止し、熱による角膜への負担を軽減できる。

    <Allegretto WAVE Eye-Q 400Hz bluelineの特徴>
    ・レーシック手術をはじめ、屈折矯正手術において圧倒的に世界一の症例数を誇る。
    ・眼の動きを2次元で1秒間に400回の速さで認識する。
    ・術中、瞳孔の動きを常にモニタリングして、レーザーが眼の動きを察知して自動的に照射方向を調整できる。
    ・他機種に比べレーザーを照射する範囲が広いため、周辺部の視界も明瞭に見え、ハロー・グレアが起こりづらい。

    <VISX STAR S4 IRの特徴>
    ・眼の動きを照射中は2次元、照射前は3次元で1秒間に60回の速さで認識する。
    ・ウェイブスキャンで測定・解析したデータと眼の位置のズレを補正し、正確なレーザー照射に導く。
    ・照射間隔とレーザースポットの直径を適切に変化させることにより、レーザー照射時間を最短にし、角膜の切除量が最小限に抑えられる。
    ・照射速度を6Hzから20Hzに変化させることができ、レーザー照射中の角膜の温度の上昇が抑制される。

    <その他>
    アイトラッキング(眼球自動追尾装置)の性能は夜間の見え方の質(ハロー・グレア)にも影響し、照射位置の微妙なズレが生じた際は夜間の見え方の質の低下につながる。つまりアイトラッキングが優れていればいるほど見え方の質は良くなる。
    エキシマレーザーは大変緻密で1/1000ミリ単位で角膜を削るので、湿度が変化すると切除量も変化して仕上がりに影響がでる為、コンディションメーターによりレーザー出力周辺部を常時管理することで安定したレーザー照射が行なえる。
    2009年10月時点、日米の医療行政当局の承認を得ていないSchwind社製アマリスについては安全性が確認できていない。VISX社製 VISX STAR S4 IRは日本の厚生労働省やアメリカ食品医薬品局(FDA)で承認されており、安全性や屈折矯正への効果を認められた技術である。

    3.エキシマレーザーの周波数と照射時間が違う
    周波数の違い=照射時間の違い(同じ度数を矯正する場合)

    エキシマレーザー

    周波数

    照射時間

     アマリス 500Hz 約5秒
     Allegretto WAVE Eye-Q 400Hz blue line 400Hz 約6秒
     VISX STAR S4 IR   20Hz 40秒程度

    照射時間が短い方が乾燥の影響を受けにくいため、より精度の高い照射が可能となる。※照射時間が長い場合、術中の乾燥によりレーザーの効果が強く出てしまい、過矯正気味になることがある。

    4.保証期間と手術費用が違う

    手術名

    保証期間

    手術費用(税込)

     アマリス 15年 両眼26万円
     プレミアムZ 13年 両眼22万円
     トリプルR 12年 両眼17万8,000円
     iLASIK 10年 両眼20万円

    こうして調べた限りでは、どの手術が一番良いとも悪いとも言えませんが、視力の回復はどの手術も差がないと思って良いようです。
    どの手術を選択するかは、適応検査で自分の眼がどの手術に合っているかということをはじめ、どんな手術を受けたいか(例えば術中は歩行移動したくないとか)、医院とのフィーリング、価格などを総合的に考えて決めるしかない気がします。
    一生付き合う大切な眼の手術なので、やみくもに最新技術に頼るのではなく、技術の安全性や効果が立証されている医療機器を使用した手術を受けた方が良いのかも知れません。

    詳しくは、品川近視クリニックのHPをご覧ください。
    コチラから適応検査や手術の予約もできます。
    レーシック
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。