--年--月--日 (--) | Edit |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2010年02月18日 (木) | Edit |
    夫は現在、眼鏡やコンタクトで生活しています。
    それはとてもストレスなんだそうです。

    ・耳の上に眼鏡のフレームが食い込んで痛い(ひどい時は頭痛もする)
    眼鏡を外すと耳の上に窪みが・・いかにも痛そうな感じです
    ・電車に乗り込んだ時、眼鏡が雲って恥ずかしい
    特に冬はなりやすいようで、一緒にいた妻もちょっと恥ずかしかった
    ・お風呂あがりに眼鏡をかけた時も雲る
    これはちょっと面白いw笑っちゃいけないけど笑っちゃうw
    ・マスクをすると曇る(花粉症の夫は春はコンタクトができないから困る)
    これは本当に可哀想です。なんとかしてあげたいけどどうにもできず・・。

    眼鏡の生活がどれだけ不便かなんて、視力が良い妻には理解不能です。
    だからと言って、夫のレーシックをしたい気持ちを妻が否定するのもどうかと思います。そんな権利はないし、危険だからとか高額だからとか言ってレーシックを否定しては夫が可哀想すぎます。

    確かにレーシックにかかる費用は安くないし、危険性もあるでしょう。
    そこをきちんと理解すると共に、将来のことも考えて決断する必要があります。
    夫婦で力を合わせて、納得のいく結論を出したいです。
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。