--年--月--日 (--) | Edit |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2010年05月26日 (水) | Edit |

    夫が東京の有楽町にあるレーシック専門クリニックの銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院) でレーシック手術を受けてから、ちょうど2ヶ月が経ちました。
    以前、『夫は特に問題がないので、このまま3ヵ月後検診までクリニックに行かなくて大丈夫そうです。ただまだ少しドライアイなので、ドライアイ用の市販の目薬を買いました。クリニックに行けば貰えると思うのですが、そこまで酷くないので、市販のもので様子を見てみます』と書いたことがあったのですが、市販の目薬がイマイチだったので、結局クリニックに行くことにしました。

    診察希望日の直前に予約の電話をしたにも関わらず、快く受けてもらえました。夫は仕事の合間にサクッと目薬をもらいに行こうと思っていたらしいのですが、青山先生はお忙しい中しっかり診察してくれました。フラップに異常はなく、炎症や傷もなし。やはりドライアイでしょうということで、ヒアロンサンをなんと6本もくれました。保証期間内であっても目薬などの処方は実費となるクリニックもある中、銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院) は本当に患者本位の治療をしてくれる、素晴らしいクリニックだなと思いました。視力検査もしてくれたのですが、両眼1.5をキープしていました!レーシックって、すごいなぁ・・・。

    話は変わって、先日、夫は会社の定期健康診断を受けました。
    妻の私も特別価格で受けられるということで、便乗して私も一緒に受けました。

    やはり視力の結果が気になりますよね。
    夫の結果は・・・
    健康診断結果 
    やっぱり両眼1.5でした!

    ちなみにどうでも良いかも知れませんが私の結果は・・・
    健康診断結果2
    負けました・・・。しかも左右差があります。これは自覚していました。

    右欄の前回の結果と今回の結果を比較できたら信憑性があったのですが、今回は受診した病院を変えた為、診断書も変わってしまいました><

    このブログも開設から3ヶ月強が経ち、日に日にアクセス数も増えています。責任を感じると共に、もっと参考にしていただけるように頑張って記事を書きたいと思っています。こんな記事を書いてほしいというご要望や、ご質問など、お気軽にご連絡ください♪

    詳しくは、銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院)http://www.sbclasik.net/

    スポンサーサイト
    2010年05月11日 (火) | Edit |

    レーシックを受けようと思った人は、どんな条件でクリニックを選択しているのでしょうか。家から近いから、大手だし有名だから、保証がしっかりしているから、他より安かったから、友人の紹介など人それぞれかと思います。『大切な目の手術だから、信頼できるクリニックで最新の手術を受けたい』と言う人が結構いるのですが、そう言っている割にはきちんと調べないで安易にクリニックを決めている人が沢山います。もっと本気を出して、慎重に考えればもっと良いクリニックに出会えたのに・・・と、私はもどかしい気持ちになります。

    では、どうやって良いクリニックを選んだら良いのでしょうか。
    私はこのブログを開設してからずっと、安心・安全かつ満足な手術をしてもらえるレーシッククリニックの探し方・選び方について色々と考えていました。今日は、失敗・後悔しないレーシッククリニックの選び方を書こうと思います。今後レーシックを考えている方に、少しでも参考にしてもらえたら嬉しいです。クリニックの選択=失敗・後悔しない治療の選択ですので、良く考え、慎重に選んでください。以下、長文になりますが、重要なことばかりを書いていますので、是非最後までお付き合いください。

    (1)日本眼科学会で認定された、眼科専門医であること
    手術を担当する医師が眼科専門医であるかどうかは、下記のHPで調べられます。
    http://www.nichigan.or.jp/senmonlist/map.jsp
    しかし、これはあくまでも最低条件なので、眼科専門医であれば誰でも良いという訳ではありません。

    (2)経験豊富な医師であること
    眼科医としての経験が長く、レーシックの症例数が多い医師が良いです。経験が豊富であっても学会への参加や勉強を欠かさず、日々精進の精神を持った医師なら尚良いです。そんなこと言われなくても分かってるよと思われるかも知れませんが、実は勘違いをしている人も多いのです。大手や症例数の多いクリニックなら、そこで勤務する医師の全員が経験豊富だと思っている人がいるのですが、それは大きな間違いです。安い手術コースは経験の少ない医師が担当するクリニックもあるようなのでクリニックの症例数ではなく、医師個人の症例数を参考にしなければいけません。また、クリニックの症例数は多ければ良いというものではありません。患者が多いクリニックの場合、工場のラインのような流れ作業で検査や手術が行なわれたり、検診の度に違う医師ということもあります。

    (3)カウンセリングで十分な説明をしてくれること
    適応検査の結果を基に、自分の眼に最適な手術を提案してもらえるかが重要です。患者は素人なので、曖昧な説明では十分に理解できませんし、医師の言うことなら絶対と思い、言われるがままの手術を選択する人が沢山います。一番高いコースなら安心ですよとか、どんな質問や不安に対しても大丈夫大丈夫と言うだけできちんと説明してもらえないようなカウンセリングをするクリニックは絶対に避けるべきです。特にリスクについて曖昧な説明や大丈夫という一言で片付けられてしまうところは論外です。適応検査結果の説明、それを踏まえた最適な手術の提案と説明、どんな質問に対しても的確な回答が得られるクリニックを選びましょう。また、カウンセリングは医師との相性や話し易さ、信頼できるクリニックかを確認できるチャンスです。

    (4)医師とスタッフの対応が良いこと
    医師はもちろんですが、スタッフの対応も良いクリニックが良いです。医師が良ければそれを支えるスタッフも良いはずです。どちらか一方が悪いクリニックは、患者にシワ寄せが来る気がします。気持ちの良い、満足いく手術を受ける為にも、これも外せない条件です。

    (5)厚生労働大臣の免許を受けた視能訓練士が適応検査を担当すること
    視能訓練士は、眼科医師の指示に従って患者の視力、視野、色覚、眼圧、眼球運動等の検査を行ったり、弱視や斜視など視覚機能に障害をもつ患者に対し、機能回復のための矯正訓練をさせる専門家です。ちゃんとした資格を持った視能訓練士であれば、安全かつ正確な検査をしてもらうことができます。また、眼に潜んでいる病気(白内障や円錐角膜など)が発見されることもあります。

    (6)綿密な術前検査を行なってもらえること
    術前検査の結果を基に手術コースが決定されるので、綿密な検査は必須です。この検査結果が曖昧だったり間違っていたら、正確な手術はできないと言っても過言ではありません。術前検査を安全かつ正確に行うために、コンタクトレンズを使用中の人は、角膜を圧迫変形から戻す為に次ような制限を守る必要があります。
    ・ハード⇒検査日の最低2週間前から使用中止(できれば4週間前)
    ・ソフト⇒検査日の最低3日前から使用中止(できれば2週間前)
    ・乱視用ソフト⇒検査日の最低2週間前から使用中止(できれば3週間前)
    患者欲しさにこの制限期間を極端に短く設定しているクリニックは避けるべきです。

    (7)院内が清潔であること
    感染症を防ぐ為にも、基本中の基本です。全室クリーンルーム完備!とアピールしているクリニックもありますが、それより術野が清潔でなければ元も子もありません。たとえクリーンルームでも、汚染された手や器具を使って手術をすれば感染症のリスクが高まります。安心・安全な手術には、医師の正しい知識と徹底した衛生管理が必須です。

    (8)新しい設備・機器が整えられていること
    レーシックの技術はどんどん進化しているので、古い設備や機器を使用しているクリニックより、新しい物を導入しているクリニックの方が断然良いです。しかしいくら新しい設備や機器でも、それらを使いこなせる医師でないと意味がないので注意が必要です。是非いくつかのクリニックを比較してみてください。その際に、最高峰!とか実績No.1!という言葉に惑わされないようにしてください。1つのクリニック内では最高峰だったり実績No.1なのかも知れませんが、レーシック業界全体で考えた時に、最高峰でも何でもないこともあります。

    (9)保証制度があること
    保証制度に何を求めますか?保証期間内であれば再手術が無料、検査・診察・薬の処方が無料など、もしもの時は安心ですが、では何度それらを利用するのでしょうか。保証期間は数年~数十年、一生涯などクリニックによってまちまちです。長期保証が良いと思われがちですが、本当にそうなのでしょうか?再手術を要する程度の近視の戻りは1年以内が殆どで、再手術は2回が限度でしょう。角膜の厚さが足りず、再手術が不可となる人もいます。再手術の料金が片目数万円で済むクリニックであれば、保証期間が過ぎても大した負担にはならないはずです。中には再手術が無料で行なえるのは保証期間内の1回限りであったり、薬の処方は実費となるクリニック、1年間は無料だけどそれを過ぎたら有料としているクリニックもあります。長期保証の場合、手術料金に含まれていることもあり、料金が高く設定されていたりもします。安心料としてはちょっとバランスが悪いというか・・・払い過ぎじゃないかと思います。でもこれは個人個人の価値観なので、自分で納得できればそれで良いです。個人的には、保証期間は3年あれば十分かなと思います。保証期間に対してこだわりがある人は、保証内容などの説明を十分に受けてください。

    (10)手術料金が適切であること
    高い手術が良くて、安い手術が悪いという考え方はしないでください。一方では料金と手術の質は比例することもありますが、それは適切な料金設定であることが前提です。高い手術が良いと考える人を逆手に取って、クリニック側がやりたい手術を高い料金に設定していたらどうでしょうか。本当はもっと安くできる手術なのに、高品質感を出す為に高い料金設定にしているとしたら、それでもその手術を選びますか?レーシックのクリニックは沢山ありますので、是非いくつかのクリニックを比較してみてください。同じ機器なのに料金が違うとか、こっちの方が最新の機器なのに料金が安いとか、色んな違いに気が付くはずです。また、雑誌やTVCM、有名人を起用した広告などの費用は、患者が支払う手術料金に入っていることもあります。広告費以外にも、診断書の手数料が割高である、土・日・祝日は割増料金になる、医師の指名料がかかるなど、治療に直接関係ない部分の料金負担は、極力避けたいものです。

    その他に、そこで手術を受けた人のクチコミや評判も参考になります。今はインターネットで色々と調べられる便利な時代なので、気になるクリニックはとことん調べてみてください。色んなクリニックを紹介しているアフィリエイトのサイトが沢山ありますが、そこには利益が絡んでいますので信用できません。各クリニックをランク付けしたり、人気度を星で表したりしていますが、これはサイト管理者の気分次第でどうにでもなりますので、ランキングや星の数を鵜呑みにしないよう気を付けてください。

    大切な目の手術だからこそ、妥協せずに時間をかけて納得のいくクリニックを探してほしいと思います。安易に選択し、失敗してからでは遅いのです。知らなかったじゃ済まされません。適応検査を無料で受けられるクリニックが殆どなので、最低でも2ヶ所、できればそれ以上のクリニックで受けることをお勧めします。

    2010年05月07日 (金) | Edit |

    神奈川クリニック眼科が、倒産してしまいました。
    破産申請は5月6日付けで、今日7日に発表されました。
    大手だから安心という時代ではなくなってきているのを改めて実感しました。
    4月末には東京レーシックセンターも閉院しましたし、たった1週間で2つのクリニックが無くなってしまったのには正直驚いています。

    神奈川クリニック眼科のHPを確認しようと思ったのですが、何回やってもサイトに繋がりません><今はアクセスが集中してパンク状態なのかも知れません。

    神奈川クリニック眼科の事業は、神戸クリニックを運営する稜歩会(神戸市)に譲渡され眼科医院事業は継続するそうです。神戸クリニックは東京、神戸、大阪、北海道、北九州にあるので、神奈川クリニック眼科の東京、大阪、福岡で治療を受けた人はちょっと遠くになってもアフターケアを受けられますが、名古屋で治療を受けた人はどうなっちゃうのでしょうか・・・。保障期間も一番長い施術で10年ですから、この間に神戸クリニックが倒産てことになったらまた転院しなければなりませんよね。

    レーシック業界って、こんなにも不安定なのでしょうか。
    患者はその都度振り回せれるしかないのでしょうか・・・。

    儲け主義の経営、芸能人などを起用した莫大な広告費を注ぎ込んだ経営、身の丈に合っていない高額な機器の導入、公正取引委員会から規定違反の疑いで警告を受けるなど、余計な負担がかかっているクリニックは今後危ないのかも知れません。

    でも、患者にクリニックの経営状況なんて分からないんですよね。
    だからこそ事前に色々調べようとネットで検索したりもするのですが、そこには優良コメントばかりのアフィリエイトサイトが満載で、真の情報を得るのはとても難しいのが現状です。そして、大手を選べば安心という安易な考えに繋がるわけです。
    大手ほど危ないと思うのは、私だけでしょうか・・・。

    ではどうしたら安心・安全なクリニックを選べるのでしょうか?
    百聞は一見にしかずと言うように、無料の説明会や適応検査を実際に受けてみて、自分の目で確かめるしかないのかも知れません。でも、事前に確かめられるチャンスがあるだけ良いのではないかと思います。上辺だけのサービスなのか、親身になってしてくれるケアなのか、実際に目で見て、肌で感じれば見抜けるはずです。

    私の夫は、神奈川クリニック眼科の適応検査も受けました。
    悪い印象ではありませんでしたが、結局選んだのは銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院)でした。
    なんかここで受けたいと、ピン!ときたんだそうです。
    やっぱりそういう感覚って、大切なんだなと思いました。

    私の個人的な考えですが、今後レーシック業界のし烈な競争を生き抜くクリニックは、銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院)SBC新宿近視クリニックと予想しています。何故ならこの2つのクリニックは体験者の評価がとても高いので、患者に対して親身になって治療をしてくれている証拠だと思うからです。これからレーシックを受けようと思っている人には、真に信頼できるクリニックに出会ってほしいと心から願っています。

    事業を継承する神戸クリニックのHPはコチラからご覧ください。
     レーシック 視力回復
    2010年05月04日 (火) | Edit |

    東京の有楽町にあるレーシック専門医の銀座近視クリニックのお得情報をご紹介します。銀座近視クリニックには、色々と嬉しい制度があります。

    ◎2010年5月4日現在のお得情報◎
    <無料・割引モニター募集 第3弾 2010年5月3日~5月29日まで>
    手術を無料もしくは特別割引価格で利用できるモニターキャンペーンです。
    無料1名、半額2名、25%割引5名が毎週抽選で当たります。
    さらに毎週の応募者数が100名を超えた場合、25%OFFの当選者が増枠されます。
    ※平日に検査・手術を受けることが可能な人が対象です。
    ※モニターの人は体験談の記入やアンケートに回答する必要があります。

    <金利ゼロキャンペーン 2010年5月31日まで>
    ローン利用者を対象に、金利0%でローンが組めるキャンペーンです。
    キャンペーン期間中は金利負担なしでレーシックの治療を受けらるので、とても嬉しい制度です。レーシックは受けたいけれど、先立つものがなくて躊躇している人は是非利用してもらいたいです。
    ちなみに、私の夫もこの制度を利用させていただきました。
    ※他のキャンペーンとの併用はできません(紹介制度との併用は可能)

    <職業割 2010年4月7日~5月30日まで>
    消防士・警察官・自衛官の人は、特別価格で手術が受けられます。
    ただし、水曜日か日曜日に手術を受けられる人限定です。
    (適用検査はキャンペーン期間中の毎日受けられます)

    スタンダードレーシック 80,000円 ⇒ 77,000円
    SBKレーシック 108,000円 ⇒ 88,000円
    iFSイントラレーシック 138,000円 ⇒ 110,000円
    iFSアイレーシック 280,000円 ⇒ 220,000円

    ※職業が確認できる身分証明書を提示できるご本人のみが対象です。
    ※アンケートに協力する必要があります。

    <学生限定!学割 2010年5月1日~8月31日まで>
    学生(18歳以上)の人は、特別価格で手術が受けられます。
    ただし、キャンペーン期間中の12:00~16:00に適応検査・手術を受けられる人限定です。夏休みを利用してお得にレーシックができるので、とても嬉しい制度です。

    スタンダードレーシック 80,000円 ⇒ 77,000円
    SBKレーシック 108,000円 ⇒ 88,000円
    iFSイントラレーシック 138,000円 ⇒ 110,000円
    iFSアイレーシック 280,000円 ⇒ 220,000円

    ※学生証(顔写真付)を提示できるご本人のみが対象です。
    ※アンケートに協力する必要があります。
    ※8月13日~16日のお盆は除きます。

    <交通費割引キャンペーン 2010年5月1日~8月31日まで>
    東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県以外の道府県から来院する人を対象に、
    手術当日の交通費を上限5,000円まで割引してもらえます。
    海外や離島の方も対象となります。
    ※適応検査や術後検診など、初回手術当日以外の交通費には適用されません。
    ※スタンダードレーシックは対象外です。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。