--年--月--日 (--) | Edit |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2010年03月23日 (火) | Edit |
    昨日、夫が東京の有楽町にあるレーシック専門クリニックの銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院) の適応検査を受けました。
    適応検査の後に電話をくれたのですが、第一声が『ココに決めた!』でした。
    即決するほど気に入ったようです。
    適応検査の後、早速手術の日程を決めて予約を入れてきました。

    今までに品川近視クリニック神奈川クリニック眼科の適応検査を受けて、品川は正直イマイチだったので消去法で神奈川を選ぶような感じでしたが、3軒目の適応検査でやっと納得のいく医院が見付かりました。

    銀座近視クリニックはオープンしたばかりだからか、休日なのに患者さんは数人。
    品川近視クリニックは患者さんが大勢いて、流れ作業のように検査やカウンセリングをされましたが、銀座近視クリニックはカウンセリングから手術まで同じ担当医が一貫して対応してくれるそうです。
    カウンセリングは今までにないくらい時間をかけて丁寧にしてもらえて、夫も十分納得できたと喜んでいました。
    流れ作業の方が気が楽と思う人もいるでしょうし、こればかりは好みだと思います。

    検査もとても丁寧で、検査項目が変わる度にこれはこういう検査ですという説明をしてくれました。検査の手際も良くて、安心して身をまかせられたそうです。

    銀座近視クリニックは、SBKレーシック、iFSイントラレーシック、iFSアイレーシックをやっています。
    眼球の形状、角膜の厚さ、網膜の状態などの検査結果を踏まえて夫が勧められたのは、iFSイントラレーシックでした。

    眼球の形状は正常で、どのレーシックでも問題ないとのこと。

    角膜の厚さは504μmと少し薄めで、iFSアイレーシックだと万が一再手術になった場合に角膜の厚さが足りず再手術が不可になってしまうとのこと。iFSイントラレーシックならiFSアイレーシックよりも角膜を削る量が少なくて済む為、再手術が可能。最終的に残さなければいけない角膜の厚さが決まっていて、その規定の厚さを下回る場合は再手術できないんだそうです。

    網膜の状態、これは今回初めて知りましたが、手術コースを決める際は結構ポイントになるんじゃないかと思いました。人によっては、網膜に小さな穴が開いていたり、凸凹していたりするそうなんです。その穴や凸凹に水晶体で屈折して通ってきた光が当たってしまうと、視界がぼやける、滲むといったことがあります。そこで、エキシマレーザーで視力を矯正する際、穴や凸凹を避けて網膜のキレイな部分に光が当たるようにしてあげるのです。網膜に異常がある人は、レーザーの照射角度をオーダーメイドで調節できるiFSアイレーシックが良いそうですが、夫の網膜はとてもキレイで、レーザーは普通に照射すれば良いとのことで、iFSイントラレーシックでもiFSアイレーシックでもそんなに差はないと言われました。

    やみくもに一番値段の高い手術を勧めるのではなく、値段の安い手術でも値段の高い手術と同じ結果が得られる眼であることを正直に教えてもらえたので、とても良い印象を受けました。
    経験や技術も大切ですが、医院の本質そのものが一番大切なのではないかと思いました。医院の本質が良ければ、患者はもちろん、優秀な医師も集まるでしょうから、経験や技術もおのずと着いてくるようになるのではないかと思います。

    さて、前のブログにも書いた花粉症の人はレーシックしても大丈夫なのか?ですが、問題ないとの回答をいただきました。手術後はもちろん強く擦ったりしてはいけませんが、眼の端っこをちょんちょんと掻くくらいなら大丈夫なんだそうです。
    これで全ての疑問がスッキリ解決しました。

    今週末、夫はいよいよ手術を受けます。
    妻の私も一緒に行きます。
    適応検査ならまだしも、手術となるとやっぱり心配ですから><

    またレポートします!

    銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院)http://www.sbclasik.net/
    HPから適応検査や手術の予約もできます。

    スポンサーサイト
    2010年03月16日 (火) | Edit |
    またまたレポートが遅くなってしまいましたが・・。

    一昨日、夫が神奈川クリニック眼科の適応検査を受けてきました。
    品川近視クリニックで納得のいくカウンセリングが受けられなかったので、今度は検査結果を医師に書いてもらうんだと、検査項目を書いた自作の用紙を持って行きました。

    適応検査は品川近視クリニックの時より時間がかかりましたが、とても丁寧に対応してくれたようで、夫も喜んでいました。自作の紙を医師に渡したところ、うちでは最後に検査結果をお渡ししていますので大丈夫とのこと。検査結果を渡さない方が珍しいのかなと思いましたが、どうなんでしょうか・・。

    視力は両目共0.06、屈折度は右が-5.25D、左が-5.50Dで両目共に中程度の近視、角膜の厚さは右が513μm、左が505μmでした。角膜の厚さは520μm以上が標準で、夫は少し薄かったですがレーシックは可能とのことでした。品川近視クリニックでは角膜の厚さが500μmくらいと曖昧な回答しか得られなかったので、今回の検査でちゃんと分かって良かったです。
    品川も嘘は言っていなかったことが証明されました(失礼)

    神奈川クリニック眼科の手術で良いなと思っていたのが、ウェーブフロント・エクストラビュー、 コンチェルトスーパーイントラレーシック、アイレーシックの3つ。
    ウェーブフロント・エクストラビューでは、ウェーブフロントアナライザーという機器を使用して眼の収差(光学的な歪みや角膜、水晶体、網膜などの細かな凹凸)を計測するのですが、夫は眼が小さく、上のまつげが下向きに生えている為、ウェーブフロントアナライザーで計測できず・・。画面にまつげが入っちゃって眼球がよく見えないんだそうです。結果うんぬんではなく、計測自体ができなかった為、この手術は不可となってしまいました。

    アイレーシックもウェーブスキャン・ウェーブフロントという機器を使用するので、こちらも計測ができず不可となりました。

    最終的に勧められたのが、コンチェルトスーパーイントラレーシックでした。
    やっぱりねとも思いましたが、きちんとカウンセリングしてもらって出た結果なので納得です。

    まつげが入るから計測できなかったウェーブスキャンやウェーブフロントは、まつげが無かったら計測できたのだろうか?夫にまつげを短く切ってみたら?と言いましたが拒否されました。当たり前か・・。そして夫は私のビューラーを使って、一生懸命まつげを上げてました(笑)気になっていた手術だっただけに、残念だったようです。妻の私もウェーブフロント・エクストラビューが良いなと思っていたので、ちょっと残念でした。

    さて、検査後はどうだったかと言うと・・。
    やっぱり眩しいんだそうです。横断歩道の白い線がとにかく眩しかったようです。
    でも、前の教訓を生かして帽子を持っていってたので、だいぶ楽だったみたいです。前は何処にも寄り道できず早々に帰ってきましたが、今回は新宿のデパ地下でケーキとお惣菜を買ってきてくれました。点眼薬が切れるまでの時間も前に比べて短かかったので、全体的に前より楽そうで妻の私も安心しました。

    夫としては、神奈川クリニック眼科の印象がとても良かったようで、今のところココに決めたと言っています。でもあともう1ヶ所くらい適応検査を受けてみるそうです。納得のいく手術ができるクリニックに出会えたら良いなと思います。
    2010年03月08日 (月) | Edit |
    レポートが遅くなってしまいましたが・・。

    一昨日、夫が東京有楽町にあるレーシック専門クリニックの品川近視クリニックの適応検査を受けて来ました!
    初めての適応検査だったので、結構緊張したそうです。
    土曜日ということもあってか、待合室にはかなり沢山の人がいて、こんなにレーシックを受けたい人がいるのかぁ・・と驚いていました。

    結論から言うと、夫はレーシックが可能であることが分かりました。
    良かったね!これで第一関門突破です。

    視力検査では、初めて自分の正確な視力が分かって、なるほど~といった感じ。
    健康診断とかの視力検査だと、0.1以下としか出ないんですよ。
    勝手な予想では0.03くらいかなぁと思っていたそうですが、右が0.06で左が0.07でした。
    レーシックをすれば両目2.0近くにはなるのではないかとのことで、驚きました。
    夫としては1.2くらいあれば十分かなと言っていましたが、まぁ徐々に下がって1.2くらいになるのではないかと予想しています。

    レーシックのポイントともなる角膜の厚さは、500μmくらいとのことでした。
    近視の程度は、右が中等度近視で左が強度近視でした。少しの差で中等度と強度に分かれたみたいです。

    品川近視クリニックでは、アマリスZレーシック品川プレミアムZレーシック品川トリプルRプレミアムイントラレーシックなどがあり、カウンセリングでどの手術を受けたいか聞かれました。
    夫は検査結果からどの手術なら可能ですか?と聞こうと思っていたそうで、特に決めていなかったんです。
    でも、取り敢えずどれか選んでくださいと言われたので、品川プレミアムZレーシックと品川トリプルRプレミアムイントラレーシックと答えました。

    結果、どちらの手術も可能ですとの回答でした。
    あなたの眼は今このような状態で、だからこの手術が良いですよ~じゃないんです。
    検査結果を見ながら、相談しながら一緒に決めていけると思っていたので、ちょっと拍子抜けです。
    角膜の厚さも、こちらから聞かなかったらきっと教えてもらえませんでしたよ。
    しかもその回答だって、500μmくらいですってアバウトだったし・・。
    カウンセリングに期待し過ぎていたのか、それともカウンセリングの医師がハズレだったのか・・?

    結果的に、夫の角膜は標準より少し薄いとのことで、アマリスZレーシックを勧められました。
    確かにアマリスZレーシックも気になっていたけれど、他の手術でも十分ならそっちの方が良いと思っていました。
    品川プレミアムZレーシックと品川トリプルRプレミアムイントラレーシックは可能と言われただけで何の説明もなく、ひたすらアマリスZレーシックを勧められたそうです。アマリス以外の手術でも可能と言っておきながら、何でアマリスを推してくるのか・・?アマリスは当院最新の技術でオススメですの一点張り。何かあるのか?営業成績とか?

    そんなこんなで適応検査は終了~。
    他の医院と比べる為にも、もう2ヶ所くらいの適応検査は受けたいところです。

    夫は今のところ品川近視クリニックは無いなと言っていますが、他の医院の検査を受けたらまた考えが変わるかも知れません。残念ながら品川近視クリニックの良いところを見付けられませんでしたが、このクリニックがダメだと言っている訳ではないので、参考程度に読んでもらえたらと思います。他のブログを読むと品川は良かったと書いている人もいるわけで、本当、今回は運が悪かっただけかもと思います。

    さて、検査後はどうだったかと言うと・・。
    検査後は瞳孔が開いているので眩しく感じるということは知っていましたが、本当に眩しかったそうです。腕時計がギラギラ光って見えたよと言っていました。
    ちょっとビックカメラに寄ろうと思って入ったけれど、眩しすぎてショボショボ・・。
    すぐに退散。
    本屋さんにも寄りたかったようですが、文字がよく見えなくて断念。
    携帯のメールも見れないし書けなかったそうです。
    こんなことになるなら、帽子を持ってくるんだったと激しく後悔していました。
    まぁとにかく無事に帰ってきてくれて良かったです。

    品川近視クリニックについてはコチラをご覧ください。
    HPから適応検査や手術の予約もできます。
    レーシック

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。