--年--月--日 (--) | Edit |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2011年04月05日 (火) | Edit |

    何の気なしに銀座近視クリニックのHPのリンク集を見ていたら、「レーシックの学び舎」というサイトを見付けました。今年の3月7日にオープンしたサイトのようですが、このようなサイトがあることに、今まで全く気が付きませんでした・・・。

    レーシックの学び舎のサイトには、以下のようにして辿り着きました。
    銀座近視クリニックのHP → お問い合わせ → リンク集

    私は「お問い合わせ」を経由したわけですが、リンク集へはサイトマップから簡単に行けますね^^;

    レーシックの学び舎に、銀座近視クリニックの新メニューであるZZレーシックアドバンス(両眼25万円)が75,000円割引の175,000円で受けられる特別割引クーポンが掲載されていました。

    75,000円割引って、すごくないですか!?

    ZZレーシックアドバンスについては前回の記事をご覧ください⇒銀座近視クリニック 新しいメニューが加わりリニューアル(2)

    特別割引クーポンの申し込み期限は2011年4月30日(土)までで、30名限定です。
    4月30日(土)までに無料適応検査の予約、5月31日(火)までに適応検査・手術を受けられる人が対象です。
    まさにゴールデンウィークに利用できますね。
    申し込みの詳細は、レーシックの学び舎のHPでご確認ください。
    (いつかページが更新される可能性があるのでリンクは貼りません。すみません)

    さて、レーシックの学び舎というサイトは一体どのようなサイトなのでしょうか?
    サイトには、
    「レーシックで失敗しないために最適な病院と治療法をご紹介いたします!」
    「レーシックに関する正しい知識をみんなで学ぶサイトです」
    と書かれています。

    確かにレーシックに関する色々な情報が掲載されていて、とても参考になりました。
    しかし、クーポンや広告は銀座近視クリニックのものしかありません(今のところ)。
    正直、銀座近視クリニックの宣伝の為に作成されたサイトという印象です。
    一方、「銀座近視クリニック様」「クーポンを提供していただきました」という書き方がされていて、かなりの違和感を覚えます^^;
    今後どのような情報が掲載されるか注目したいところです。

    スポンサーサイト
    2011年04月05日 (火) | Edit |

    夫がレーシックを受けた銀座近視クリニックに新しいメニューが加わりました。

    その名も、ZZレーシック

    乱視度数が強く、乱視矯正用コンタクトレンズ・ハードコンタクトレンズをされている方にオススメの術式です。

    フラップの作成には、フランスモリア社製のSBK Ovalという機器が使用されます。
    イントラレーザーやZレーシックのようなエネルギーを使わないので、視力の回復が早く、手術後の痛みも軽減されます。

    また、楕円形のフラップが作成できるので、乱視の人に特に有効で、近視が強く従来のレーシックでは不適応だった人でも治療可能です。

    HPには、「エネルギーZEROで炎症ZEROを目指します」と記載されています。
    だから、ZZレーシックと名付けられたのでしょうか?
    ちょっと、某大手クリニックのZレーシックと紛らわしい気もしますが^^;

    夫がレーシックを受けた1年前は、レーシックのメニューは3種類しかありませんでした。それが今では8種類!選択肢が広がって、羨ましい限りです。

    その一方で、種類がありすぎてどれがどう違って、どれが良いのか悩んでしまうという人も多いと思います。
    そんな人は、まずは適応検査を受けてみてください。
    どの術式にしようか考えたり、知識を高めることはとても良いことです。しかし、悩んで苦労して希望の術式を決めたとしても、いざ適応検査を受けたら希望の術式は適応外だったということも少なくありません。

    銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院) では、適応検査の結果はもちろん、ライフスタイルなども考慮して、患者一人ひとりに一番合った術式を提案してもらえます
    むやみに高い術式を勧められたりはせず、必要のないオプションは必要ないとハッキリ言ってもらえます。
    先生と相談しながら術式を決めることができますので、たくさん質問して、十分納得した上で術式を決めてほしいと思います。

    2011年04月04日 (月) | Edit |

    夫がレーシックを受けた銀座近視クリニックのHPがリニューアルされていました。

    医師の紹介ページから、ついに青山勝先生(元院長)の名前がなくなりました。
    とはいえ、4月は木・金曜日は銀座近視クリニックで、それ以外の曜日は東京近視クリニックの新宿院で勤務されるようです。

    もうひとつ変わったのが、『ZZレーシック』と『iFS Ovalイントラレーシック』いう新しいメニュー(術式)が加わり、それと同時に今まであったメニューにあるオプションを付けたものがHPで公開されるようになりました。

    銀座近視クリニックのレーシックメニューを表にまとめてみます。

    術 式料金(両眼)
     スタンダードレーシック   80,000円
     SBKレーシック 128,000円
     SBKレーシックアドバンス 158,000円
     iFSイントラレーシック 158,000円
     iFSイントラレーシックアドバンス 188,000円
     ZZレーシック(NEW) 220,000円
     iFS Ovalイントラレーシック(NEW) 238,000円
     iFSアイレーシック

     280,000円

    銀座近視クリニックのHPのトップページを見た時、あれ?値上げした??と思いました。しかしそれは私の勘違いで、値上げはされていませんでした

    私が見たのは、アドバンスとついているメニューの料金だったのです。
    以前からあったメニューの料金は、「※通常の○○レーシックは~」と記載されていました。
    トップページに大きく記載されている料金と、小さく「※通常の~」と書いてある料金の違いが分からず、どうしても気になりクリニックに電話して聞いてしまいました^^;。
    回答してくださったスタッフさんは、とても丁寧に分かりやすく説明してくださいました。

    アドバンスとついているメニューは、ついていないメニューに3万円プラスされた料金になっているかと思います。
    これはトポガイドというオプションが付加されたことにより3万円が追加となっているのです。

    トポガイドは、以前も今も銀座近視クリニックのHPでは紹介されていませんので、適応検査を受けた時に先生から提案があって知ったという人も少なくないと思います。私が過去にご紹介した方も、適応検査を受けたらトポガイドのオプションを付けた方がより良いと提案された方が何名かいらっしゃいました。実際、トポガイドの提案をした方の多くが追加を希望するようで、それならということでHPに載せて定番化することにしたそうです。

    トポガイドをかなり簡単に説明すると、角膜上の歪みを取ってきれいな球面にすることで見え方の質を上げることができるものです。アイレーシックをする必要があるほど眼球全体の歪みはないけれど、表面に少し歪みがあるのでトポガイドをつけた方が良いという人に適しています。

    SBC新宿近視クリニックのプラチナイントラレーシックアドバンスというメニューの説明には、「理想的な角膜切除パターンで手術を行い、術後の角膜不正乱視を軽減できる手術です。角膜の不正乱視が強めの方や、見え方の質を追及する方にお勧めの手術です。」と記載されていました。

    今まで銀座近視クリニックのメニューにアドバンスとつくメニューはなかったので、元々SBC新宿近視クリニックにいらっしゃった岡部副院長がつけたのかしら?なんて勝手に思ったりしました。

    トポガイドに関しては、私が説明するより青山先生のブログの記事の方が遥かに正確で分かりやすいので、青山先生のブログを参考にしてもらえたらと思います。
    http://ameblo.jp/ginza-lasik/entry-10522374365.html

    銀座近視クリニックは、アドバンス(トポガイド付加)の各メニューと新しい術式の追加で治療の選択肢が広がりましたね。
    HPのトップページやクリニックのパンフレットを見ると、アドバンスの紹介が目立ちますが、以前からあった通常のメニュー(アドバンスなし)もあります。適応検査で通常のメニューで十分という結果になる人もいると思うので、必要以上の術式は選択しないように気を付けたいものです。

    2011年03月04日 (金) | Edit |

    ここのところ銀座近視クリニックに関する記事ばかり書いている気がしますが^^;
    オープンから1年、青山先生が東京近視クリニックでも勤務されることになり、銀座近視クリニックは今まさに変化の時期と言えるのではないでしょうか。

    先ほど銀座近視クリニックのHPを見たら、ニュースリリースのところに「こころと眼の電話カウンセリング」を常設いたしましたと書かれていました。

    「こころと眼の電話カウンセリング」って?「いのちの電話」みたいなもの?それともレーシック難民となって苦しんでいる人が相談できる場所とか??

    HPによると、レーシックに関する悩みや質問などをプロのカウンセラーに相談できるということでした。

    詳しくは銀座近視クリニックのHPを見てもらえたらと思いますが、要はお問い合わせ専用ダイヤルみたいなものでしょうか?名前が名前だったので、一瞬何かと思いました。詳細を見る前に私が勝手に想像を膨らませてしまったのがいけないんですけどね・・・(すみません。だって、大袈裟すぎませんかこの名前^^;)。

    プロのカウンセラーが対応してくれるのは魅力的ですし、患者さんにとっては心強いサービスではないかと思います。ちょっとした疑問から専門的な質問、レーシックの悩みなども聞いてもらえると思います。 遠方で来院が難しい人や、周りに相談できる人がいない人など、気軽に利用してみるのも良いかも知れません。疑問や不安を抱えたまま手術を決めるのは良くないことですし、レーシックに関する正しい知識を得ることはとても大切なことです。

    2011年03月01日 (火) | Edit |

    前回の記事に、銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院)の元院長である青山勝医師が3月から東京近視クリニックの新宿院で勤務されることを書きました。
    銀座近視クリニックの青山先生が東京近視クリニックにも

    今日、東京近視クリニックのHPを見てみたら、早速HPが更新されていました。ついに本格的に始動するようです。銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院)のHPからなくなっていた青山勝医師のブログ(⇒http://ameblo.jp/ginza-lasik/)のリンクも、こちらに移動していました。青山医師のブログもデザインが一新され、銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院)のリンクが貼ってあった場所には東京近視クリニックのリンクが貼られていました。

    東京近視クリニックのHPには、ドーンと青山先生が載っています。
    東京近視クリニック
    やっぱり青山先生を推している感じですね。 5万症例以上の実績とは、すごいです。

    青山先生に手術してもらいたいという方は、これからは東京近視クリニックに行けば良いようです。私の夫は銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院)で青山先生に執刀していただきましたが、とても信頼できる先生で、安心して手術を受けることができました。今後もし何かあった時、青山先生にお世話になれないのが残念です。東京近視クリニックで診てもらえないか確認してみようかな・・・。

    東京近視クリニックは、2011年1月にオープンしたばかりの新しいクリニックです。かつての銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院)にものすごく似ているなという印象を受けました。青山先生をメインにしているところもそうですが、治療方針、手術やオプションの種類、手術料金、キャンペーンの種類などとても似ています。銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院)は2010年2月のオープン以降右肩上がりで急成長したので、東京近視クリニックも同じようになるのかなと私は予想しています。

    良い機会なので、東京近視クリニックについてご紹介したいと思います(新宿院のみ紹介します)。

    <特徴>
    ★経験豊富な眼科専門医が施術からカウンセリングまで担当する
    ★丁寧なカウンセリングで、年齢やライフスタイルを考慮した最善の治療を提案
    ★適応検査から治療、アフターケアまで視力矯正のエキスパートが担当
    ★検査当日に手術を行うことが可能(執刀医が当日手術が可能と判断した方のみ)
    ★1年~10年の長期の安心保障
    ★徹底した衛生管理をしている

    <診療内容>

    手術項目料金(両眼・税込)
     プラチナレーシック 8万円
     プラチナレーシック Plus 12万8,000円
     プラチナイントラレーシック 15万8,000円
     プラチナラゼック 17万8,000円

    <所在地>
    〒151-0053 
    東京都渋谷区代々木2丁目9番2号 久保ビル6階
    JR新宿駅 南口 徒歩3分/JR新宿駅 西口 徒歩5分(地下直結)
    京王線京王新宿駅 徒歩1分/地下鉄新宿駅 徒歩1分
    受付時間:10:00~20:00
    電話番号:0120-412-767

    詳しくは、東京近視クリニックhttp://www.lasik-tokyo.com/

    2011年02月18日 (金) | Edit |

    2010年2月16日にこのブログを開設し、早いもので1年が経ちました。
    今まで多くの方にご訪問いただき、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。今後も少しでも参考にしていただけるように頑張りたいです。

    さて、夫がレーシックを受けた銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院)も今月で1周年を迎えました。
    1年間で1万症例を記録したようです。これはとてもすごいことです。

    銀座近視クリニックは、この1年で色々と変化しました。
    自分の夫が実際にレーシックを受けたクリニックということもあって、クリニックの動向はこまめにチェックしています。

    私も何か変化があった際にはちょこちょこ記事に盛り込んでいたのですが、
    点々バラバラになってしまっているので、この辺で整理してみようと思います。
    2010年2月のオープン当時2011年2月18日現在について、私が知っている範囲ですがまとめてみます。

    <<変化その1 医師が増えました>>
    以前は青山勝先生1人でした。
    その後、東京レーシックセンター(現在は閉院しています)から高橋貞先生が、SBC新宿近視クリニックから岡部伯央先生が加わり、計3名の医師が常勤しています。それぞれの先生がお休みの日には、非常勤の先生が助っ人で来ています。

    <<変化その2 医師の指名ができなくなりました>>
    以前は執刀医がカウンセリング・手術・アフターケアまで一貫して担当していました。それが銀座近視クリニックのひとつの売りでもありました。人気に伴い患者が急増したからでしょうか、現在では医師の指名はできなくなりました。少し前までは執刀医のみ指名が可能だった時期もあったのですが・・・。
    とはいえきちんとした連係プレーで対応してもらえるので、心配することはありません。中には手術していただいた先生に直接お礼が言いたいという人もいると思います。そう思わせてくれるアットホームな雰囲気があるクリニックです。混んでいない時などタイミングによっては希望を聞いてもらえることもあるかも知れないので、来院当日にちょっと聞いてみても良いのではないかなと思います。

    <<変化その3 院長が変わりました>>
    以前は青山先生が院長で、岡部先生が副院長でした。
    それがつい最近気が付いたのですが、クリニックの開設管理者である前川佳紀氏が院長になっていました。副院長は岡部先生のままで、青山先生は「医師」という肩書きになっています。青山先生が院長でなくなってからは、HPやパンフレットに掲載されている写真の殆どが岡部先生に差し替えられ、青山先生のブログのリンクもなくなりました。青山先生どうなっちゃうの!?とすごく心配になりましたが、青山先生の人気が凄すぎて、お休みも少なくかなりの負担になっていたのでしょう。岡部先生も4万症例の実績があり、とても優秀な先生なので、うまく分担させたいという意図があるのかも知れません。レーシック業界の流動的な体質が悪い意味で出ないといいなと切に願うばかりです。

    <<変化その4 術式にスタンダードレーシックが加わりました>>
    以前はSBKレーシック、iFSイントラレーシック、iFSアイレーシックの3つが主な術式でした。それらに、より安価な両眼8万円のスタンダードレーシックが加わり、選択肢が広がりました。

    <<変化その5 価格が改定されました>>
    2010年11月から、以下の術式が値上がりしました。
    ・SBKレーシック 10.8万円 ⇒ 12.8万円
    ・iFSイントラレーシック 13.8万円 ⇒ 15.8万円
    ・ラゼック(アレグレット使用)13.8万円 ⇒ 15.8万円
    オープンからしばらくは多くの人にクリニックを知ってもらいたいということで、価格を安めに設定していたそうです。改定後の価格も特別高いという印象はなく、他のクリニックに合わせた感じかなと思います。

    <<変化その6 モニターに当たりやすくなりました>>
    銀座近視クリニックでは、オープン当初からモニター募集をしています。
    モニター募集は今でこそ他のクリニックでも実施されていますが、銀座近視クリニックが流行らせたと言えるのではないかと思います。それはさておき、当初は無料1名、半額2名、25%OFF5名の計8名が当選者でした。その後、応募者が多い場合は25%OFFの当選者が増枠されるようになりました。この増枠分は比較的当たりやすいようです。全員が当たっているのではないかと疑ったり心配したりする人もいますが、実際に外れている人もいますので、決して全員が当たるということはないです。

    <<変化その7 モニター当選者の検査・手術が日・祝日も可能になりました>>
    当初、モニターに当選した人は平日しか検査・手術が受けられませんでした。
    その後日曜日と祝日も検査・手術が可能になり(土曜日は変わらず不可)、平日が無理だった人も応募しやすくなりました。

    <<変化その8 紹介者への謝礼が現金になりました>>
    どこのクリニックにもある紹介制度ですが、紹介者には現金をプレゼント、紹介される人は割引が受けられるのが主流です。
    銀座近視クリニックでは、オープン当初は紹介者も紹介される人も共に商品券のプレゼントでした。その後2010年6月まで紹介者にはQUOカードをプレゼント、紹介される人は割引が受けられるというものに変わりました。それ以降、現在までは紹介者には1万円の現金をプレゼント、紹介される人は割引が受けられるというもので落ち着いています。個人的にはQUOカードが気に入っていたのですが、やはりこれも他のクリニックに合わせたのかなという印象です。 

    以上、ザックリですがまとめてみました。
    過去のことはどうでもいいと思われる方もいるかと思いますが、クリニックを選択する上で良くも悪くも過去を知ることは判断材料になるのではないかと私は思います。少しでも参考になれば幸いです。

    2010年10月28日 (木) | Edit |

    夫が有楽町の銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院)でレーシックを受けてから7ヶ月が経ちました。
    ドライアイはまだ続いていますが、これはレーシックを受ける前からありました。
    その他は何も問題がなく順調です!問題がなさすぎて、ブログに書くことがないくらいです(笑)

    銀座近視クリニックはオープンから約8ヶ月が経ち、色々と変化しています。
    まず、11月から価格改定(値上げ)をするそうです。
    オープンから今までは、より多くの人に知ってもらう為にも低価格の設定をしていたそうです。だいぶ認知度も上がってきましたし、他のクリニックとの兼ね合いも考えた上で価格改定をするのかなという印象です。1年くらいは低価格なのかなと勝手に思っていましたが、予想外に早かったです。

    2万円の値上がりですね。

    手 術 名改定前改定後
     SBKレーシック 10.8万円 12.8万円
     iFSイントラレーシック 13.8万円 15.8万円
     ラゼック(アレグレット使用) 13.8万円 15.8万円

    SBKレーシックは、同等の手術を10万円以下で設定しているクリニックもありますので、少々割高ですね。iFSイントラレーシックは、他のクリニックに合わせた感じでしょうか。

    しかしiFSイントラレーシックと同等の手術は、他のクリニックはフラップ作成で『イントラレースFS60』という機器を使用していますが、銀座近視クリニックでは『イントラレースiFS』というイントラレースFS60の上位機種を使用します。
    これは日本でも数台しか導入されていない最新のイントラレーザーで、フラップの作成時間が8秒(イントラレースFS60は20秒)とかなり早く、術後のフラップ固定力が強く、安全性もとても高い機種です。同じ価格なら、最新の機器の方が良いなと私は思います。あとは、何といっても医師の技術力の高さが魅力ですね!

    あと、9月1日から岡部伯央医師副院長として就任しました。
    岡部医師は元SBC新宿近視クリニックの医師で、青山医師と同じ4万症例以上の実績を持つ優秀な医師です。

    患者さんが増え、医師も増えた今、カウンセリングからアフターケアまで1人の医師に一貫して診てもらう為には、事前に指名をしなければ難しくなってきているようです。昔は1人の医師が一貫して診ます!とアピールしていたのですが、今となっては難しいのでしょう・・・。どの医師も優秀で信頼できることは確かですし、しっかり連係されているので心配はいらないとは思いますが、1人の医師に一貫して診てもらいたい人は、事前に医師の指名をすることをオススメします(指名料は一切かかりません)。

    詳しくは、銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院)http://www.sbclasik.net/

    2010年10月14日 (木) | Edit |

    今までレーシックに関して色々と調べていて気が付いたこと、それはイントラレーシックを選択している人が多いということです。昔はマイクロケラトームという自動カンナでフラップを作成する『レーシック』が主流でしたが、今はコンピュータ制御によって安全で正確なフラップが作成できるイントラレースレーザーを使用する『イントラレーシック』が主流になっているようです。

    イントラレーシックは、角膜の厚さや形状、近視・乱視の程度など、眼の状態に特に問題のない人が選択することが多い手術です。私の夫も特に問題がなかったので、イントラレーシックを選択しました。個人個人で眼の状態は違うので、ラゼックなど他の手術を勧められる人ももちろんいますが、今までの情報収集からイントラレーシックの需要は確かに多いと言えます。

    品川近視クリニックのアマリスZレーシックや、神奈川クリニック眼科のコンチェルト・スーパーイントラレーシックなど、クリニック独自の手術コースも色々とありますが、今日は基本的に、フラップの作成に『イントラレースFS60』、角膜を削るエキシマレーザーに『Allegretto WAVE Eye-Q 400Hz blueline(アレグレット ウェーブアイキュー ブルーライン』を使用するイントラレーシックを比較します。

    銀座近視クリニック 【iFSイントラレーシック】 (私の夫が受けた手術です)

     フラップ イントラレースiFS
     エキシマレーザー Allegretto WAVE Eye-Q 400Hz blueline
     料金(両眼) 13万8,000円
     保証期間 3年
     割引制度 紹介券の提出で2,000円割引
    ★執刀医は4万症例の実績を持つ医師
    ★国内で数台しかないイントラレースiFS(イントラレースFS60の上位機種)を使用

    品川近視クリニック 【品川トリプルRプレミアムイントラレーシック】
     フラップ イントラレースFS60
     エキシマレーザー Allegretto WAVE Eye-Q 400Hz blueline 
     料金(両眼) 17万8,000円
     保証期間 12年
     割引制度 割引券の提出で2万円割引
    ★執刀医は1万症例の実績を持つ医師
    ★ワンデーレーシック対象外

    SBC新宿近視クリニック 【プラチナイントラレーシックS-line】

     フラップ イントラレースFS60
     エキシマレーザー Allegretto WAVE Eye-Q 400Hz blueline 
     料金(両眼) 15万8,000円
     保証期間 生涯
     割引制度 紹介券の提出で1万円割引
    ★執刀医は経験豊富な医師(指名も可)
    ★当日手術は1万円の追加料金

    神奈川クリニック眼科 【CRスーパーイントラレーシック】

     フラップ イントラレースFS60
     エキシマレーザー Allegretto WAVE Eye-Q 400Hz blueline 
     料金(両眼) 13万8,000円
     保証期間 6年
     割引制度 なし

    神戸クリニック 【イントラレーシック】
     フラップ イントラレースFS60
     エキシマレーザー VISIX STAR S4 IR 
     料金(両眼) 30万円
     保証期間 生涯
     割引制度 紹介券の提出で2万円引き
     現金又は口座振込の支払で3,000円引き
    ★エキシマレーザーに『Allegretto WAVE Eye-Q 400Hz blueline』を使用せず、アイレーシックで使用する『VISIX STAR S4 IR』を使用する為、他のクリニックより料金が高い。

    神戸クリニックのように、エキシマレーザーに『Allegretto WAVE Eye-Q 400Hz blueline』を使用せず、アイレーシックで使用する『VISIX STAR S4 IR』を使用する手術コースは他のクリニックにもあります。

    品川近視クリニック 【品川コンベンショナルイントラレーシック】

     フラップ イントラレースFS60
     エキシマレーザー VISIX STAR S4 IR 
     料金(両眼) 17万8,000円
     保証期間 3年

    SBC新宿近視クリニック 【コンベンショナルイントラレーシック】
     フラップ イントラレースFS60
     エキシマレーザー VISIX STAR S4 IR 
     料金(両眼) 19万8,000円
     保証期間 生涯

    コンベンショナルイントラレーシックは、VISIX STAR S4 IRのコンベンショナルモードを使用することで角膜の切除量を抑え、角膜の厚さを残した手術ができます。
    角膜の厚さが薄くて手術が行なえない人にお勧めの手術です。

    こうして比較してみると、クリニックによって料金や保証期間に差があることが分かります。銀座近視クリニックはこの中で唯一イントラレースiFSを使用しているところが特徴的です。

    詳しくは、各クリニックのHPでご確認ください。
    銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院)http://www.sbclasik.net/
    品川近視クリニック ⇒ http://www.shinagawa-lasik.com/index.html
    SBC新宿近視クリニック ⇒ http://www.jpal.com/sem/index.html
    神奈川クリニック眼科 ⇒ http://ganka.kanacli.net/
    神戸クリニック ⇒ http://www.kobeclinic.com/

    料金や保証期間はもちろん、執刀医やアフターケアなどを総合的に考えて、自分に一番合ったクリニックを選択することが大切です。

    2010年08月03日 (火) | Edit |

    夏休みやお盆の長期休暇を利用して、レーシックを受けたいと思っている人もいるのではないでしょうか。今日は、銀座近視クリニック品川近視クリニックSBC新宿近視クリニック神奈川クリニック眼科神戸クリニックの5つのレーシック専門医について、夏休みやお盆の期間に利用可能なキャンペーン情報などをまとめました。

    1.お得なキャンペーンはやっている?
    銀座近視クリニック
    ◎第6弾 無料・割引モニター募集中
    2010年8/1(日)~8/28(土)。無料1名、半額2名、25%OFF5名が毎週抽選で当たります。当選後4週間以内の平日・日曜・祝日に検査・手術を受けることが可能な人で、モニター調査に協力できる人限定のキャンペーンです。モニターに外れても、お得な情報をゲットできますよ♪
    ◎学生限定!学割
    2010年8/31(火)まで(8/13~8/16のお盆を除く)。最大6万円割引の特別料金でレーシックが受けられます。8/13~8/16のお盆を除いた期間中の毎日12:00~16:00に適応検査・手術を受けられる人限定です。
    品川近視クリニック
    ◎グループ割引
    2010年8/7(土)~8/15(日)。2名以上のグループで手術を受けると、受けた人全員が5,000円割引になります。期間中の同日・同時間に適応検査・施術が受けられる人が対象です。
    SBC新宿近視クリニック
    ◎1万症例突破記念 無料・割引モニター募集中
    無料1名、半額5名が毎週抽選で当たります。当選後4週間以内の金・土・日曜・祝前日以外の平日に適応検査と手術を受けることが可能な人で、モニター調査に協力できる人限定のキャンペーンです。
    神奈川クリニック眼科
    特になし。
    神戸クリニック
    特になし。

    2.追加料金はかかる?
    ※夏休みやお盆の期間に関係なく、通常の期間でもかかる追加料金です。
    銀座近視クリニック
    40歳以上の人は検査内容などが異なる為、プラス3万円。その他の追加料金はなし。
    品川近視クリニック
    ワンデーレーシック(アマリスZレーシックのみ対象の、検査当日に手術が行えるプラン)は、平日・日曜・祝日⇒プラス1万円、土曜日・祝前日⇒プラス1万5,000円。
    SBC新宿近視クリニック
    検査当日に手術を希望の場合、平日・日曜・祝日⇒プラス1万円、土曜日・祝前日(その他連休中)⇒プラス1万5,000円。
    神奈川クリニック眼科
    特になし。
    神戸クリニック
    特になし。

    3.金利0%のローンを利用したいんだけど・・・
    銀座近視クリニック
    ◎金利ゼロキャンペーン実施中
    2010年8/31(火)まで。キャンペーン期間内に手術を受けられる人のみ対象です。
    品川近視クリニック
    提携ショッピングローン会社の利用で、最長36回まで金利をクリニックが全額負担します。
    SBC新宿近視クリニック
    ◎0%金利キャンペーン実施中
    モニターでの施術は対象外。また適用されない施術もあります。
    神奈川クリニック眼科
    特になし。
    神戸クリニック
    ◎分割手数料ゼロ%ローンプログラム
    12回払いまでは、分割手数料をクリニックが全額負担します。

    4.長期休暇だからこそ、遠方のクリニックも選択肢に入れられる!でも交通費の負担が心配・・・。
    銀座近視クリニック
    ◎交通費割引キャンペーン
    2010年8/31(火)まで。手術当日の交通費を上限5,000円まで割引。関東1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)以外の道府県から来院する人が対象。適応検査や術後検診など、初回手術当日以外の交通費は適用されません。
    品川近視クリニック
    ◎交通費補助制度
    補助制度対象エリアの人は、交通費を上限1万円まで補助(片眼は上限5,000円まで)。補助金額は施術当日の交通費が対象になります。
    SBC新宿近視クリニック
    ◎交通費サポートキャンペーン
    対象地域からの来院は、手術を受ける際の往復交通費を上限5,000円までサポート。関東1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)以外の道府県から来院する人が対象。
    神奈川クリニック眼科
    ◎遠方交通費補助制度
    クリニック規定の地域在住者を対象に1万円(片眼5000円)を割引。
    神戸クリニック
    ◎期間限定遠方サポート
    対象地域からの来院は、3万円(片眼1万5,000円)サポート。

    5.提携ホテルがあれば利用したい!
    銀座近視クリニック
    2ヶ所あり。
    品川近視クリニック
    東京エリア6ヶ所、大阪エリア4ヶ所、福岡エリア1ヶ所あり。
    SBC新宿近視クリニック
    2ヶ所あり。
    神奈川クリニック眼科
    なし。
    神戸クリニック
    なし。

    6.子供も夏休みで、面倒を見てくれる人もいない・・・。一緒に連れて行っても大丈夫?
    銀座近視クリニック
    提携託児所あり(有料)。また、術後検査など短時間であれば子供連れの来院も可。
    品川近視クリニック
    無料提携託児所あり。
    SBC新宿近視クリニック
    託児所なし。術後検査など短時間であれば子供連れの来院は可。
    神奈川クリニック眼科
    託児所なし。
    神戸クリニック
    託児所なし。

    7.さらにお得になったら嬉しい!紹介割引制度は利用できる?
    過去の記事をご覧ください⇒レーシック紹介・割引制度はどんなものがあるのか?

    以上の7項目を表にまとめると以下のようになります。

    制度/クリニック銀座品川SBC神奈川神戸
    キャンペーン××
    追加料金××
    金利0%ローン×
    交通費補助
    提携ホテル××
    提携託児所×××
    紹介割引制度

    ※上記の情報は、2010年8月3日現在のものです。
    詳しくは、各クリニックにご確認ください。

    2010年06月29日 (火) | Edit |

    ご存知の方も多いと思いますが、銀座近視クリニックでは、レーシックが無料もしくは特別割引価格になるレーシックモニターを募集しています。ひと月毎に第O弾というかたちで実施されていて、現在は第5弾をやっています。

    銀座近視クリニックの手術費用は、他のクリニックに比べてとても良心的ですが、このモニターキャンペーンはさらにお得にレーシックが受けられる大チャンスです!!
    当選したらラッキー♪ 残念ながらハズレても・・・!?

    ◎無料・割引モニター募集 第5弾 2010年6月27日~7月31日◎
    【モニターキャンペーンとは?】
    手術を無料もしくは特別割引価格で利用できるモニターキャンペーンです。
    無料1名、半額2名、25%OFF 5名が毎週抽選で当たります。
    さらに!毎週の応募者が多数の場合、25%OFFの当選者が増枠されます。

    【応募資格は?】
    平日・日曜・祝日に検査・手術を受けることが可能な方。
    モニター調査(体験談の記入及びアンケート)に協力できる方。

    【どうやって応募するの?】
    銀座近視クリニックのHPの最上部やピックアップ欄にモニター募集のバナーがあります。そこからモニター抽選申込フォームに入力をすればOKです。抽選結果は入力したメールアドレスに届きます。携帯からも応募ができます。

    【モニター抽選の流れは?】 
    応募期間:毎週日曜日~毎週土曜日の24時まで
    抽選日:毎週日曜日
    当選発表日:毎週月曜日の午前中

    例:6/27(日)~7/3(土)の応募分⇒7/4(日)抽選⇒7/5(月)発表

    1ヶ月毎の応募・抽選ではなく、1週間毎の応募・抽選なので、結果発表までしばらく待つ必要がないところも魅力ですね。ただし、当選の権利の有効期限は4週間で、有効期限内に適応検査と手術を受けなかった場合は無効となってしまいます。ご自身の予定を考えた上で応募する方が良いかも知れません。

    【他のキャンペーンと併用できる?】
    他のキャンペーンとの併用はできません。

    【その他、注意することは?】
    以前の無料・割引モニターに応募したことがある人は、再応募できません。
    残念ながらハズレてしまった人に届く連絡メールには、応募した人だけが知ることのできる、とってもお得な情報が書いてあるかも?(これ書いて良いのかな・・・)。
    とにかく見逃し厳禁です!

    たまに、みんな当たっているのではないか?と疑っている人がいるのですが(そう思う気持ちも少し分かります)、決してそんなことはありません。某SNSサイトのコメントを見ていても、当たった人やハズレた人がきちんといます。

    現に私の夫は、第1弾の時に応募しましたがハズレました。しかし、応募がひとつのきっかけとなって、銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院) で適応検査を受けてみることにしたのです。適応検査を受けたらとても良いクリニックだったので、銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院) で手術をすることを決めました。
    レーシックを考えている人は、モニター応募をきっかけに一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

    2010年06月23日 (水) | Edit |

    大手のクリニックを選べば安心!言う人が沢山います。一体何が安心なのか、いつも疑問に思います。果たして、大手だからという理由だけで選んで良いものなのでしょうか?
    銀座近視クリニックは小規模ですが、大手には真似できないことが盛り沢山です。
    銀座近視クリニックの大手には真似できない8つのポイントと、大手で実際にあった事を比較します(ひとつの大手の事だけではなく、大手と言われているクリニックで実際にあった事です)。もちろん、大手で納得いく手術を受けられた人も沢山いますので、この記事は参考程度に読んでいただけたらと思います。

    ≪ポイント1 医師がすごい!レーシック界の優秀な医師が集結
    世界トップクラス、4万症例の実績を誇るドクターである、青山勝医師。
    同じく4万症例の実績を持ち、レーシック手術のスペシャリストである、岡部伯央副院長。
    レーシック界の先駆者であり、確かな診療技術を持つ、高橋貞医師。
    一生付き合う大切な眼の手術は、実績の多い経験豊富な医師に執刀してもらうのが一番です。
    青山勝医師と岡部伯央医師は眼科専門医、高橋貞医師は以前は眼科専門医資格を有していましたが、その必要性に疑問を感じ、現在は資格を返上しています。
    ・・・大手の場合
    経験豊富な医師もいれば、経験が浅い医師もいます。安い術式は経験が浅い医師が執刀することも。医師個人の症例数が公表されておらず、どの医師が経験豊富なのか分からない。また、手術直前までどの医師が執刀するのか分からなかったり、術前に渡された書類の執刀医欄には院長の名前が書いてあったのに、実際は違う医師が執刀したということもあります。執刀医が誰か分からないのは、一番怖いことだと思うのですが。もし手術が失敗したら、責任の所在を明確にするのが困難になりかねません。

    ≪ポイント2 執刀経験のある医師がトータルサポート≫ 
    執刀経験のある医師がカウンセリング・治療・アフターケアを担当。
    手術を執刀したことのある医師がカウンセリングをすることで、患者にとって最適な治療プランを決めることができます。治療の際は一人ひとりの検査データを分析し、豊富な経験に基づいた治療をしてもらえます。
    ・・・大手の場合
    適応検査、カウンセリング、手術当日の検査、麻酔をする医師、フラップを作る医師、レーザーを照射する医師、術後の検査、これら全てが違う医師ということも。分業制にもほどがあるような・・・。何か問題が発生した時は誰に言えば良いのか?責任を取るのは誰なのでしょうか?

    ≪ポイント3 一人ひとりに合った治療を提案≫ 
    丁寧なカウンセリングで最適な治療を提案してもらえます。
    年齢、職種、眼の状態、ライフスタイルなどは人それぞれなので、細かなカウンセリングが必須です。
    やみくもに高い治療を勧められたりしないところも安心できます。 
    ・・・大手の場合
    カウンセリングで外部の非常勤医師に当たった人の例⇒『外部の人間なので詳しくは分かりません。お金に余裕があるなら一番高い手術を選んでおけば?』 。一方、勤務医だが忙しくて余裕がない時にカウンセリングを受けた人の例⇒『あなたの眼はレーシックできません。ハイ、次の人どうぞ~』

    ≪ポイント4 シンプルな治療メニューと業界最安値の料金≫
    とても分かり易くシンプルな治療メニュー設定です。
    1回の掲載が数百万円となる雑誌・情報誌広告や、数千万円の費用がかかるテレビ広告、出演契約費用が年契約で数千万円となる芸能人を使った広告も行っておらず、曜日による割増料金や、当日手術の追加料金なども一切ありません。治療に直接関係ない部分の出費を抑え、最高の結果を得るために必要な消耗品・機器へ資源を集中させることで、最高のレーシックが低価格で提供されています。
    ・・・大手の場合
    芸能人を起用したテレビ広告を含め、あちらこちらに広告を掲載。その広告料は、患者が支払う手術料金に含まれていることも。執刀医を指名すると十数万円もの追加料金となるクリニックもあります。

    ≪ポイント5 検査当日のレーシック手術も可能≫
    執刀医が当日手術が可能と判断した方のみ、検査当日のレーシック手術を行うことが可能です。当日手術の追加料金は一切なく、1日で検査・手術を行う場合でも治療の工程は変わりません。
    ・・・大手の場合
    検査当日のレーシックは可能だが、術式が限られてしまう。また、数万円の追加料金が発生する。

    ≪ポイント6 一見短そうだが、実はそれで十分な3年間の保証サポート≫
    3年保証で治療が提供されています(術式によっては1年保証)。
    その理由として、一般的に術後の近視の戻りは1年以内がほとんどであり、銀座近視クリニックでは再手術の可能性も極めてまれだからです。また、保証期間を短く設定することで、初回手術の費用を他クリニックより抑えることができています。
    ・・・大手の場合
    長期保証を設定しているが、再手術が無料で受けられるのは1回のみのクリニックもある。手術後1年が経ったところで不調になり、保証期間内なのでクリニックに行った人の例⇒『手術後1年も経ってるじゃない。もううちの病院と関係ないから、別の病院で診てもらって』と一蹴。目薬も渡す必要がないとかで、処置なし&診療拒否。長期保証は手術料金に含まれているはずなのに、診療拒否って・・・。

    ≪ポイント7 徹底した感染症予防対策がされている≫
    眼に接する器具はもちろん、使用する器具などはすべて使い切りを徹底。手術前の手洗いは、適切な滅菌薬で行っています。また、紫外線で滅菌済みのディスポーザブルタオルを使用するなど、手洗いにも細心の気を配っています。フラップには汚れが付着しないよう、執刀医はゴム手袋をするなど工夫しています。
    ・・・大手の場合
    1つの手術室に複数の患者を入れ、医師が移動しながら流れ作業的に手術を行なう。いくらクリーンルーム完備でも、どのようにクリーン化が保たれているのか疑問。フラップの内側に綿棒のカスを落とされて、後日炎症してしまった人もいます。落ち着いて手術に集中していれば、防げたことではないでしょうか。

    ≪ポイント8 日本に数台しかない最新の設備環境を整えている≫
    少しでも痛みや不安が軽減でき、なおかつ安心して治療が受けられるよう、日本トップクラスの最新設備が揃えられています。それらの最新機器を、超一流の医師が操作するわけです。

    • SBK
      レーシックで長年の実績があるフランス・モリア社が開発した最新のフラップ作成機器
    • アレグレットブルーライン
      欧米で最も支持されている、ドイツウェーブライト社のエキシマレーザーであるアレグレットの最新バージョン。
    • iFSイントラレーザー
      イントラレースFS60の上位機種で、米国AMO社のフラップ作成機器の最新バージョン。Zレーシック(FEMTO LDV)より遥かに優れている。
    • ビジックス スター S4IR
      米国AMO社のエキシマレーザー。患者の眼の歪みに合わせた、オーダーメイドのレーザー照射が可能。
    ・・・大手の場合
    最新モデルではあるが実は低コストで手術が可能な機器を導入し、高い料金設定をして高品質感を出して患者を誘導。某クリニックは、さすがに今はやっていないと思いますが、以前は同じ機器を一方だけ色を変えて違う機器として使用していたとか。怖すぎです。(もちろん普通の機器もちゃんと設備してあります)

    ちょっと暴露し過ぎましたかね^^;。大手に恨みがある訳でも何でもないのですが、良いことばかりを書いているサイトに惑わされず、こんな事例もあるんだということを知っていただきたいと思ったのです。絶対に大手を選んではダメと言っている訳ではありません。最終的に決めるのは手術を受けるご本人ですが、自分だけは大丈夫と思わないでください。時間をかけてよく吟味して、慎重に決めていただきたいと思います。

    2010年06月09日 (水) | Edit |

    以前、あるQ&Aサイトにこんな質問が投稿されていました。
    ”レーシックの割引って、どんなのがあるんでしょう。同じやるなら割引ある方がいいです。詳しい方、教えて下さい”

    うんうん。確かに、同じやるなら割引がある方が良いですよね。
    主婦の私は『割引』という言葉に弱いんです。
    ちょっと興味を持ったので、レーシックの紹介・割引制度について調べてみました。

    【銀座近視クリニック】
    紹介特別割引券の提出で、最大5,000円の割引が受けられます。
    紹介特別割引券は、銀座近視クリニックで手術を受けた人だけが持っています。

    割引を受ける方法は、以下の1通りです。
    (1)銀座近視クリニックで手術を受けた人に紹介特別割引券をもらう。

    【SBC新宿近視クリニック】
    紹介カードの提出で、最大10,000円の割引が受けられます。
    紹介カードは、SBC新宿近視クリニックで手術を受けた人(来院時に受付にて必要事項を入力し会員登録した人)が持っています。

    割引を受ける方法は、以下の2通りです。
    (1)SBC新宿近視クリニックで手術を受けた人に紹介カードをもらう。
    (2)紹介者(SBC新宿近視クリニックで手術を受けた人)の名前と登録番号を初回検査時に伝える。

    詳細は、SBC新宿近視クリニックのHPでご確認ください。

    【品川近視クリニック】
    紹介チケットの提出で、最大50,000円の割引が受けられます。
    紹介チケットは、品川近視クリニックで手術を受けた人と、品川近視クリニックのHPから『ビューティークラブ』に会員登録した人が持っています。ビューティークラブの会員登録は、品川近視クリニックで手術を受けていない人でも登録ができるので、家族に登録だけしてもらって、家族が受け取った紹介チケットを使うことができます。自分で登録して自分を紹介することはできません。

    割引を受ける方法は、以下の3通りです。
    (1)品川近視クリニックで手術を受けた人に紹介チケットをもらう。
    (2)ビューティークラブに登録している人に紹介チケットをもらう。
    (3)品川近視クリニックのQ&Aサイトからユーザー登録して、クーポン券をプリントアウトする。⇒https://www.bioreplace.com/user/form.cgi

    3番は意外と知られていないのですが、自分でユーザー登録して割引券をプリントアウトすれば、1番・2番と同じ割引が受けられるクーポン券をゲットできます。

    詳細は、品川近視クリニックのHPでご確認ください。

    【神奈川クリニック眼科】
    紹介カードの提出で、20,000円の割引が受けられます。
    紹介カードは、神奈川クリニック眼科で手術を受けた人と、神奈川クリニック眼科のHPから『ご紹介優待プログラム』に会員登録した人が持っています。ご紹介優待プログラムは、神奈川クリニック眼科で手術を受けていない人でも登録ができるので、家族に登録だけしてもらって、家族が受け取った紹介カードを使うことができます。自分で登録して自分を紹介することはできません。

    割引を受ける方法は、以下の2通りです。
    (1)神奈川クリニック眼科で手術を受けた人に紹介カードをもらう。
    (2)ご紹介優待プログラムに登録している人に紹介カードをもらう。

    詳細は、神奈川クリニック眼科のHPでご確認ください。

    【神戸クリニック】
    ご紹介優待カードの提出で、30,000円の割引が受けられます。
    ご紹介優待カードは、神戸クリニックで手術を受けた人だけが持っています。

    割引を受ける方法は、以下の1通りです。
    (1)神戸クリニックで手術を受けた人にご紹介優待カードをもらう。

    詳細は、神戸クリニックのHPでご確認ください。

    クリニックによって、色々な紹介・割引制度があるんですね。
    手術コースによって割引額が変わったり、割引対象外の手術もあるので、詳しくは各クリニックのHPでご確認ください。紹介制度や割引券は、あくまでもレーシックを受ける少しのきっかけです。割引券をもらったからという理由だけで、そこのクリニックを選ばないようにしてほしいです。 一番大切なのは、満足のいく手術ができるクリニックかどうかなのです。それを踏まえた上で、紹介・割引制度を上手く活用してもらいたいと思います。

    ※紹介・割引制度、割引額は2010年6月現在のものです。

    2010年06月07日 (月) | Edit |

    今日は、SBC新宿近視クリニックの手術の種類と違いについて書きたいと思います。SBC新宿近視クリニックは、東京の新宿にあるレーシック専門クリニックです。

    過去に、品川近視クリニック神奈川クリニック眼科銀座近視クリニックの手術に関する記事は書いたのですが、 SBC新宿近視クリニックの手術に関する記事は書いていませんでした。

    それは何故かというと・・・手術コースが多いからです^^;。

    HPに記載されているコースをぱっと数えてみたら、14種類もあったんです。これはまとめるのが大変そうだなぁと思って、なかなか踏み切れずにいました。でも、まとめ始めて気付きました。例えるなら、ラーメンの追加トッピングです。煮たまごを追加するとプラス100円、のりはプラス50円みたいな感じだったのです。

    HPに記載されていたコースは14種類で、老眼治療が2つ、ラゼックが1つ、美容整形が4つ、レーシックとイントラレーシックが7つでした。当ブログでは、レーシックとイントラレーシックの7つの手術について比較したいと思います。

    名称が長いものは以下のように略して記載します。

    【術式名】
    ・プラチナSBKレーシック・ベーシックプラン ⇒ プラチナSBKベーシック
    ・プラチナSBKレーシック・エキスパートプラン ⇒ プラチナSBKエキスパート
    ・プラチナイントラレーシック S-line ⇒ プラチナイントラS-line
    ・遠視の人のためのレーシック ⇒ 遠視の人のため
    ・コンベンショナルイントラレーシック ⇒ コンベンショナル
    ・プレミアムiLASIK(アイレーシック) ⇒ アイレーシック
    【エキシマレーザー】
    ・アレグレット ウェーブアイキュー ブルーライン ⇒ アレグレット
    ・ビジックス スター S4 IR ⇒ ビジックス

    それでは、手術の比較に入ります。
    術式名と料金は、2010年6月現在のものです。

    【フラップ作成にSBKウルトラマイクロケラトームを使用する手術】
    SBKウルトラマイクロケラトームは、従来のレーシックで使用されてきたマイクロケラトームという金属製のブレード(カンナの様なもの)で、レーザーではありません。フラップを作成した滑面が平らで滑らかであり、術後の炎症が少ないため、回復が早いのが特徴です。

    術式名エキシマレーザー料金(両眼)
     プラチナSBKベーシック アレグレット   8万円
     プラチナSBKエキスパート アレグレット 12万8,000円
     安心無痛レーシック アレグレット 13万8,000円

    エキシマレーザーもアレグレットで共通しているので、使用する機器は全て同じということになります。 プラチナSBKベーシックは、平日の月曜日か金曜日の午前中のみ受けられます。執刀はすべて眼科専門医、再手術は有料となります。
    このプラチナSBKベーシックを基本メニューにして、トッピングしていきます。

    プラス4万8,000円で、手術の曜日・時間の指定がなくなり、 執刀は院長・副院長および4万症例以上の経験を持つ医師限定となります ⇒ プラチナSBKエキスパート

    プラス5万8,000円で、手術の曜日・時間の指定がなくなり、執刀は院長・副院長および4万症例以上の経験を持つ医師限定、さらに術前に鎮静・鎮痛作用のある薬を投与してもらえます ⇒ 安心無痛レーシック

    プラチナSBKエキスパートにプラス1万円すると、安心無痛レーシックになります。

    【フラップ作成にイントラレースFS60レーザーを使用する手術】
    イントラレースFS60レーザーは、安全で正確なフラップの作成ができます。

    術式名エキシマレーザー料金(両眼)
     プラチナイントラS-line アレグレット 15万8,000円
     遠視の人のため アレグレット 17万8,000円
     コンベンショナル ビジックス 19万8,000円
     アイレーシック ビジックス 25万円

    プラチナイントラS-lineは、手術の曜日・時間の指定がなく、執刀は院長・副院長および4万症例以上の経験を持つ医師限定です。
    このプラチナイントラS-lineを基本メニューにして、トッピングしていきます。

    プラス2万円で、遠視による目の疲れが改善されます ⇒ 遠視の人のため

    プラス4万円で、エキシマレーザーがビジックスになり、強度近視や乱視で他の術式でできなかった人も手術可能になります。
    ただし執刀はすべて眼科専門医になります ⇒ コンベンショナル

    プラス5万2,000円で、エキシマレーザーがビジックスになり、さらにウェイブスキャンも追加され、個人の目に合わせたカスタムメイドの視力矯正で見え方の質も向上させることができます ⇒ アイレーシック

    こうしてまとめてみると、もっとシンプルにすれば良いのにという印象でした。料金に関しては、他のクリニックを良く研究しているなという感じの設定です。手術コースが多いと選択肢は広がるので、レーシックで自分が求める結果をきちんと分かっている人にとっては良いのかも知れません。ちゃんと調べていない人や、具体的な希望を持っていない人なんかは、トッピングの全部乗せじゃないですけど、とにかく高いのにしておけば良いだろうと考えてしまいそうです。その辺は、適応検査のカウンセリングできちんとフォローしてくれると思いますが・・・。

    あともう一つ気になったことは、執刀してくれる医師のことです。
    『院長・副院長および4万症例以上の経験を持つ医師限定』と『眼科専門医』の2種類がありますが、院長は5000症例なので、なんか曖昧な感じが否めません。この辺もカウンセリングでしっかりと確認する必要がありそうですね。

    SBC新宿近視クリニックに限ったことではないのですが、レーシックで自分はどんな結果を望んでいるのかを良く考えて、 カウンセリングでそれをきちんと伝えることが大切だと思います。そうすれば、手術コースが沢山あって迷ったり困ったりせずに、納得のいく手術を選ぶことができるのではないかと思います。

    さらに詳しく知りたい方は、SBC新宿近視クリニックのHPをご覧ください。
    2010年06月01日 (火) | Edit |

    今日から6月に入りましたね。早いもので、もう1年の半分が経とうとしています。
    今日は東京の有楽町にあるレーシック専門クリニックの銀座近視クリニックの最新のお得情報をご紹介します。銀座近視クリニックはオープンしてから4ヶ月が経ちました。未だに口コミ(クチコミ)や評判の情報が少なく、銀座近視クリニックを選択肢に入れていない、または知らないという人がいたら、本当にもったいない!と思います。先月に引き続き、モニター募集や金利ゼロキャンペーンなど色々な嬉しい制度が延長になっています。是非、積極的にご利用ください!

    ◎2010年6月1日現在のお得情報◎
    <無料・割引モニター募集 第4弾 2010年6月26日まで>
    手術を無料もしくは特別割引価格で利用できるモニターキャンペーンです。
    無料1名、半額2名、25%割引5名が毎週抽選で当たります。
    さらに毎週の応募者数が100名を超えた場合、25%OFFの当選者が増枠されます。
    今までは平日のみが検査・手術の対象日でしたが、応募多数につき、日曜日と祝日も検査・手術を受けられることになりました!
    ※土曜日は対象外です。
    ※モニターの人は体験談の記入やアンケートに回答する必要があります。

    モニター募集の延長が決定しました!詳しくは以下の記事をご覧ください。
    銀座近視クリニック 無料・割引モニター募集中!

    <金利ゼロキャンペーンが延長!2010年8月31日まで>
    ローン利用者を対象に、金利0%でローンが組めるキャンペーンです。
    キャンペーン期間中は金利負担なしでレーシックの治療を受けらるので、とても嬉しい制度です。レーシックは受けたいけれど、高額だからと躊躇している人は是非利用してもらいたいです。ちなみに、私の夫もこの制度を利用させていただきました。
    ※他のキャンペーンとの併用はできません(紹介制度との併用は可能)

    <職業割が延長!2010年8月31日まで>
    消防士・警察官・自衛官の人は、特別価格で手術が受けられます。
    ただし、金曜日と土曜日以外に手術を受けられる人限定です。
    (適用検査はキャンペーン期間中の毎日受けられます)

    スタンダードレーシック 80,000円 ⇒ 77,000円
    SBKレーシック 108,000円 ⇒ 88,000円
    iFSイントラレーシック 138,000円 ⇒ 110,000円
    iFSアイレーシック 280,000円 ⇒ 220,000円

    ※職業が確認できる身分証明書を提示できるご本人のみが対象です。
    ※8月13日~8月16日のお盆は除きます。

    <学生限定!学割 2010年8月31日まで>
    学生(18歳以上)の人は、特別価格で手術が受けられます。
    ただし、キャンペーン期間中の12:00~16:00に適応検査・手術を受けられる人限定です。夏休みを利用してお得にレーシックができるので、とても嬉しい制度です。

    スタンダードレーシック 80,000円 ⇒ 77,000円
    SBKレーシック 108,000円 ⇒ 88,000円
    iFSイントラレーシック 138,000円 ⇒ 110,000円
    iFSアイレーシック 280,000円 ⇒ 220,000円

    ※学生証(顔写真付)を提示できるご本人のみが対象です。
    ※8月13日~16日のお盆は除きます。

    <交通費割引キャンペーン 2010年8月31日まで>
    東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県以外の道府県から来院する人を対象に、
    手術当日の交通費を上限5,000円まで割引してもらえます。
    海外や離島の方も対象となります。
    ※適応検査や術後検診など、初回手術当日以外の交通費には適用されません。
    ※スタンダードレーシックは対象外です。

    詳しくは、銀座近視クリニックhttp://www.ginza-lasik.jp/
    HPから適応検査や手術の予約もできます。

    2010年05月07日 (金) | Edit |

    神奈川クリニック眼科が、倒産してしまいました。
    破産申請は5月6日付けで、今日7日に発表されました。
    大手だから安心という時代ではなくなってきているのを改めて実感しました。
    4月末には東京レーシックセンターも閉院しましたし、たった1週間で2つのクリニックが無くなってしまったのには正直驚いています。

    神奈川クリニック眼科のHPを確認しようと思ったのですが、何回やってもサイトに繋がりません><今はアクセスが集中してパンク状態なのかも知れません。

    神奈川クリニック眼科の事業は、神戸クリニックを運営する稜歩会(神戸市)に譲渡され眼科医院事業は継続するそうです。神戸クリニックは東京、神戸、大阪、北海道、北九州にあるので、神奈川クリニック眼科の東京、大阪、福岡で治療を受けた人はちょっと遠くになってもアフターケアを受けられますが、名古屋で治療を受けた人はどうなっちゃうのでしょうか・・・。保障期間も一番長い施術で10年ですから、この間に神戸クリニックが倒産てことになったらまた転院しなければなりませんよね。

    レーシック業界って、こんなにも不安定なのでしょうか。
    患者はその都度振り回せれるしかないのでしょうか・・・。

    儲け主義の経営、芸能人などを起用した莫大な広告費を注ぎ込んだ経営、身の丈に合っていない高額な機器の導入、公正取引委員会から規定違反の疑いで警告を受けるなど、余計な負担がかかっているクリニックは今後危ないのかも知れません。

    でも、患者にクリニックの経営状況なんて分からないんですよね。
    だからこそ事前に色々調べようとネットで検索したりもするのですが、そこには優良コメントばかりのアフィリエイトサイトが満載で、真の情報を得るのはとても難しいのが現状です。そして、大手を選べば安心という安易な考えに繋がるわけです。
    大手ほど危ないと思うのは、私だけでしょうか・・・。

    ではどうしたら安心・安全なクリニックを選べるのでしょうか?
    百聞は一見にしかずと言うように、無料の説明会や適応検査を実際に受けてみて、自分の目で確かめるしかないのかも知れません。でも、事前に確かめられるチャンスがあるだけ良いのではないかと思います。上辺だけのサービスなのか、親身になってしてくれるケアなのか、実際に目で見て、肌で感じれば見抜けるはずです。

    私の夫は、神奈川クリニック眼科の適応検査も受けました。
    悪い印象ではありませんでしたが、結局選んだのは銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院)でした。
    なんかここで受けたいと、ピン!ときたんだそうです。
    やっぱりそういう感覚って、大切なんだなと思いました。

    私の個人的な考えですが、今後レーシック業界のし烈な競争を生き抜くクリニックは、銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院)SBC新宿近視クリニックと予想しています。何故ならこの2つのクリニックは体験者の評価がとても高いので、患者に対して親身になって治療をしてくれている証拠だと思うからです。これからレーシックを受けようと思っている人には、真に信頼できるクリニックに出会ってほしいと心から願っています。

    事業を継承する神戸クリニックのHPはコチラからご覧ください。
     レーシック 視力回復
    2010年05月04日 (火) | Edit |

    東京の有楽町にあるレーシック専門医の銀座近視クリニックのお得情報をご紹介します。銀座近視クリニックには、色々と嬉しい制度があります。

    ◎2010年5月4日現在のお得情報◎
    <無料・割引モニター募集 第3弾 2010年5月3日~5月29日まで>
    手術を無料もしくは特別割引価格で利用できるモニターキャンペーンです。
    無料1名、半額2名、25%割引5名が毎週抽選で当たります。
    さらに毎週の応募者数が100名を超えた場合、25%OFFの当選者が増枠されます。
    ※平日に検査・手術を受けることが可能な人が対象です。
    ※モニターの人は体験談の記入やアンケートに回答する必要があります。

    <金利ゼロキャンペーン 2010年5月31日まで>
    ローン利用者を対象に、金利0%でローンが組めるキャンペーンです。
    キャンペーン期間中は金利負担なしでレーシックの治療を受けらるので、とても嬉しい制度です。レーシックは受けたいけれど、先立つものがなくて躊躇している人は是非利用してもらいたいです。
    ちなみに、私の夫もこの制度を利用させていただきました。
    ※他のキャンペーンとの併用はできません(紹介制度との併用は可能)

    <職業割 2010年4月7日~5月30日まで>
    消防士・警察官・自衛官の人は、特別価格で手術が受けられます。
    ただし、水曜日か日曜日に手術を受けられる人限定です。
    (適用検査はキャンペーン期間中の毎日受けられます)

    スタンダードレーシック 80,000円 ⇒ 77,000円
    SBKレーシック 108,000円 ⇒ 88,000円
    iFSイントラレーシック 138,000円 ⇒ 110,000円
    iFSアイレーシック 280,000円 ⇒ 220,000円

    ※職業が確認できる身分証明書を提示できるご本人のみが対象です。
    ※アンケートに協力する必要があります。

    <学生限定!学割 2010年5月1日~8月31日まで>
    学生(18歳以上)の人は、特別価格で手術が受けられます。
    ただし、キャンペーン期間中の12:00~16:00に適応検査・手術を受けられる人限定です。夏休みを利用してお得にレーシックができるので、とても嬉しい制度です。

    スタンダードレーシック 80,000円 ⇒ 77,000円
    SBKレーシック 108,000円 ⇒ 88,000円
    iFSイントラレーシック 138,000円 ⇒ 110,000円
    iFSアイレーシック 280,000円 ⇒ 220,000円

    ※学生証(顔写真付)を提示できるご本人のみが対象です。
    ※アンケートに協力する必要があります。
    ※8月13日~16日のお盆は除きます。

    <交通費割引キャンペーン 2010年5月1日~8月31日まで>
    東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県以外の道府県から来院する人を対象に、
    手術当日の交通費を上限5,000円まで割引してもらえます。
    海外や離島の方も対象となります。
    ※適応検査や術後検診など、初回手術当日以外の交通費には適用されません。
    ※スタンダードレーシックは対象外です。

    2010年04月16日 (金) | Edit |

    夫が東京の有楽町にあるレーシック専門クリニックの銀座近視クリニック(現在のSBC新宿近視クリニック銀座院)でレーシック手術を受けてから早3週間が経ちました。手術をしたことを忘れるくらい眼の状態は良く、とても自然な見え方だそうです。左右差もなく、眼も疲れなくなりました。レーシックをして本当に良かったと喜んでいます。手術料金は決して安くはありませんが、これだけの効果が出るなら納得です。むしろ安いのかも知れません。

    このブログは開設から2ヶ月が経ちました。
    読んでくださった方から『色々参考になりました』とか『旦那様のお加減はいかがですか』とお気遣いのメールも頂きました。
    とても有難く、励みになります。ありがとうございます。

    このブログを読んで銀座近視クリニックに決めましたという方もいて、いい加減なことは書けない、責任重大だなと感じました。銀座近視クリニックはまだオープンしたばかりなので、口コミ(クチコミ)や評判などの情報が少ない為に、選択肢に入れていない人もいるかも知れません。この現状は、かなりもったいない!と思います。銀座近視クリニックは自信を持ってオススメできるクリニックなので、これからも多くの人に知ってもらいたいです。

    銀座近視クリニックもオープンから2ヶ月が経ち、HPを見ても営業体制が安定してきたなという印象です。前まではまだ手探り状態な感が否めなかったのですが、どこだって初めから完璧な営業なんて無理ですよね。今はHPも完全に出来上がり、紹介制度なんかも確定したようで、落ち着いた感じがします。

    銀座近視クリニックの紹介記事は営業が安定したら書きたいと思っていたので、そろそろ書いてみようと思います。とはいえ、銀座近視クリニックのHPはとても分かり易く見やすいので、是非そちらも見てもらいたいと思います。

    <特徴> 
    ★患者に合った一番良い治療プランを豊富な経験に基づいて提案してもらえる
    ★検査当日に手術を行うことが可能(執刀医が当日手術が可能と判断した方のみ)
    ★保証期間を1年~3年に限定することで、手術費用が他医より抑えられている
    ★感染症対策を徹底し、感染症が起こらないような体制・院内環境を整えている
    ★日本トップクラスの最新かつ最良の設備を揃えている
    ★治療に直接関係ない部分の出費(広告費など)を抑え、消耗品や機器に資源を集中させることで、最高のレーシックを低価格で提供している
    他院で20万円台のレーシックと同等もしくはそれ以上の手術を10万円前後で受けられる
    ★院長指名料金や日帰り料金などの追加料金がなく、料金表以外の費用は一切かからない

    <手術項目・料金(税込)>レーシック治療のみ紹介
    手術項目料金(両眼・税込)
     スタンダードレーシック 8万円
     SBKレーシック 10万8,000円
     iFSイントラレーシック 13万8,000円
     iFSアイレーシック 28万円

    <手術詳細>
    スタンダードレーシック
    フラップ作成にM2シングルユースを、エキシマレーザー(角膜の屈折力調整をする機器)にアレグレットウェーブアイキューブルーライン(アイトラッキングシステム(自動追尾装置)搭載)を使用。イントラレーザーやZレーシックのようなエネルギーを使わないので、視力の回復が早く手術後の痛みも軽減される。コンタクトレンズやメガネと同等の見え方が目標という、近視・乱視が中等度までの人に最適。特に激しいスポーツを行わない人に適している。

    SBKレーシック
    フラップ作成にSBKを、エキシマレーザーにアレグレットウェーブアイキューブルーライン(アイトラッキングシステム(自動追尾装置)搭載)を使用。イントラレーザーのように薄いフラップを作成することが可能なので、近視が強く従来のレーシックでは不適応だった人でも治療可能。コンタクトレンズやメガネと同等の見え方が目標という人に適している。特に激しいスポーツを行わない人に適している。

    iFSイントラレーシック
    フラップ作成にイントラレースiFSを、エキシマレーザーにアレグレットウェーブアイキューブルーライン(アイトラッキングシステム(自動追尾装置)搭載)を使用。iFSイントラレースはイントラレースFS60の最新機種で、レーザーの照射スピードが格段に速く、たったの8秒でフラップを作成することができるので、眼への負担はもちろん身体・精神的な負担も大幅に軽減することができる(従来のFS60は20秒)。薄いフラップを作成できるので、近視が強い人でも治療が可能。
    眼の歪みに合わせてフラップをオーダーメイドできるので、瞳孔が大きめの人でも、眼に合わせたサイズ・形状でのフラップを作成することで、ハロー・グレアを抑えることができる。怪我にも強く、激しい運動をする人に適している。

    iFSアイレーシック
    フラップ作成にイントラレースiFSを、エキシマレーザービジックス・スター S4 IRを使用。1人1人異なる眼球虹彩模様の特徴をつかみ、検査時に測定した位置と手術時に測定する位置を合わせることで、正確にレーザー照射位置を合わせることができる。オーダーメイドのフラップが作成できるイントラレースiFSレーザーと、オーダーメイドのエキシマレーザーの照射が可能なビジックスを組み合わせた、フルオーダーメイドのレーシック治療。手術直後に起こる夜間の見えづらさやハロー・グレアを大幅に軽減することができる。角膜の歪みが大きい人ほどオーダーメイドの治療が必要な為、特に乱視が強い人に適している。

    <所在地>
    〒104-0061
    東京都中央区銀座1丁目3番9号
    マルイト銀座ビル(旧 実業之日本社銀座ビル)2階
    交差点2

    東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 3番口すぐ
    JR 有楽町駅京橋口 徒歩2分

    電話での予約0120-049-055
    受付時間 10時~20時(年中無休)

    2010年03月25日 (木) | Edit |
    ひとつの医院の中でも色んな種類の施術があります。
    本当にもう、混乱してしまいます。
    以前、品川近視クリニックの施術の違いについてまとめました。
    今日は、神奈川クリニック眼科の施術(イントラレーシック)の違いについて書こうと思います。

    なお、施術名が長いものもあるので、以下のように記述させてもらいます。

    コンチェルト スーパー イントラ レーシック・・・コンチェルト
    ウェーブフロント・エクストラビュー・・・ウェーブフロント
    CRスーパーイントラレーシック・・・CRスーパー
    アイレーシック(iLASIK)・・・アイレーシック

    1.角膜の表面にフラップを作る際の機器は全て同じ
    コンチェルト、ウェーブフロント、CRスーパー、アイレーシックは全て同じイントラレースFS60レーザーという機器を使用する。

    <イントラレースFS60レーザーの特徴>
    世界的に高い評価を得ている。
    誤差調整マイクロシステムを付設しており、フラップの厚さの誤差を極限まで無くせる。
    マイクロケラトームではフラップを作るのが難しかった極端な角膜形状の人でも施術を受けることが可能。

    <その他>
    イントラレースFS60レーザーは国内では未承認であるが、米国のFDA (日本の厚生労働省にあたる)では認可されている。

    2.角膜を削りレーザーで視力矯正をする際の機器(エキシマレーザー)が違う

    施術名

    機  器

     コンチェルト Wavelight社製 コンチェルト(Concerto)
     ウェーブフロント Wavelight社製 コンチェルト(Concerto)
     CRスーパー Wavelight社製 Allegretto WAVE Eye-Q 400Hz blueline
     アイレーシック VISX社製 VISX STAR S4 IR

    <コンチェルトの特徴>
    コンチェルトは限定生産されており、その技術・デザインは世界最高レベル。
    ドイツWavelight社のAllegretto WAVE Eye-Q 400Hz bluelineの上位機種として位置づけされており、エキシマレーザーの質を大幅にグレードアップさせている。
    コンチェルトとAllegretto WAVE Eye-Q 400Hz bluelineを比較した場合、コンチェルトの方が角膜の切除量が少なくて済むいう利点がある。
    近視・乱視が強いほど角膜の切除量は増えるため、近視・乱視が強めの人や角膜が薄い人は特にコンチェルトが向いている。

    <Wavelight社製 Allegretto WAVE Eye-Q 400Hz bluelineの特徴>
    レーシック手術をはじめ、屈折矯正手術において圧倒的に世界一の症例数を誇る。
    眼の動きを2次元で1秒間に400回の速さで認識する。
    術中、瞳孔の動きを常にモニタリングして、レーザーが眼の動きを察知して自動的に照射方向を調整できる。
    他機種に比べレーザーを照射する範囲が広いため、周辺部の視界も明瞭に見え、ハロー・グレアが起こりづらい。

    <VISX STAR S4 IRの特徴>
    眼の動きを照射中は2次元、照射前は3次元で1秒間に60回の速さで認識する。
    ウェイブスキャンで測定・解析したデータと眼の位置のズレを補正し、正確なレーザー照射に導く。
    照射間隔とレーザースポットの直径を適切に変化させることにより、レーザー照射時間を最短にし、角膜の切除量が最小限に抑えられる。
    照射速度を6Hzから20Hzに変化させることができ、レーザー照射中の角膜の温度の上昇が抑制される。
    患者1人1人の眼に合わせたオーダーメイド照射ができるため、ハロ・グレアを軽減させ、夜間の見え方を向上させたい人や見え方の質にこだわりたい人に最適。

    <その他>
    コンチェルトには、レーザー照射中に非接触で角膜厚を測定する技術(リアルタイム・角膜厚測定技術)が唯一搭載されている。通常、角膜厚は手術前・手術後に専用の角膜厚測定装置で測定するが、コンチェルトはレーザー照射中にリアルタイムで角膜厚がわかるようになっているので、より安全な視力回復手術を行うことができる。コンチェルトは導入費用が最も高く、また限定生産であるため、国内導入クリニックは神奈川クリニック眼科のみ。

    3.エキシマレーザーの周波数と照射時間が違う
    周波数の違い=照射時間の違い(中等度近視を矯正する場合)

    エキシマレーザー

    周波数

    照射時間

     コンチェルト 500Hz 数秒
     Allegretto WAVE Eye-Q 400Hz blue line 400Hz 数秒
     VISX STAR S4 IR 6~20Hz 20秒程度

    照射時間が短い方が乾燥の影響を受けにくいため、より精度の高い照射が可能となる。 ※照射時間が長い場合、術中の乾燥によりレーザーの効果が強く出てしまい、過矯正気味になることがある。

    4.保証期間と手術費用が違う

    施術名

    保証期間

    手術費用(税込)

     コンチェルト 10年 両目21万円
     ウェーブフロント 10年 両目26万円
     CRスーパー 6年 両眼13万8,000円
     アイレーシック 10年 両眼25万円

    神奈川クリニック眼科のイントラレーシックの種類は、角膜を削りレーザーで視力矯正をする際の機器(エキシマレーザー)の違いで分けられていることが分かりました(フラップを作る際の機器はどの施術も同じ)
    コンチェルトとウェーブフロントは、フラップを作る際の機器とエキシマレーザーは同じものを使用しますが、ウェーブフロントでは更にウェーブフロントアナライザーという収差計測機器をコンチェルトにリンクさせ、収差を取り除くようにレーザーを照射することで、従来のレーシック以上に質の高いクリアな視界が得られます。

    個人的な意見ですが、どの施術も大差ないように思えます。どの施術にするかは医師と相談して決めるのが一番ですが、ごく普通にレーシックができる眼の人にはコンチェルトを勧められそうな気もします。実際に夫もコンチェルトを勧められました。神奈川クリニック眼科にとって、今イチオシの施術であることがうかがえます。
    2010年03月18日 (木) | Edit |
    2010年2月6日、レーシック激戦区の東京有楽町に、銀座近視クリニックがオープンしました。

    過去に品川近視クリニックとnatural vision 高輪クリニックの院長を勤めていたことのある、日本のレーシック第一人者である眼科専門医の青山勝医師が開業した医院です。

    詳しく載っているHPがまだオープンしていないので、詳しい情報はまだ分かりませんが、数あるレーシッククリニックの悪いところを改善して作った医院という印象です。

    以前勤めていた医院で青山勝医師に執刀してもらったことのある人は、「新たな世界をプレゼントしてくれた恩人です」とか「一生付いていきます」とか、とにかく支持する人が多数いて、とても優れた先生のようです。日本でも数人しかいない4万以上の症例実績のある名医です。

    2010年3月31日までは、オープン記念として特別価格で施術してもらえます。また、2010年4月3日まで毎週抽選で無料もしくは特別割引価格で施術してもらえるモニターを募集しています。

    夫が応募したのですが、残念ながらハズレてしまいました><
    当選可否のメールが届いたのですが、ハズレた人も特別価格で施術しますとのこと。

    夫が希望した施術はiSFイントラレーシックで、通常価格17万8,000円が今だと13万8,000円、さらにモニターにハズレた人は11万円という特別価格に!

    オープンしたばかりなので、口コミ(クチコミ)や評判の情報もほとんどなく、クリニックの実績も少ないけれど、青山勝医師の実績は素晴らしく、腕は確かなようなので、とりあえず適応検査を受けてみることにしました。またレポートします!

    2010年03月17日 (水) | Edit |
    レーシックの種類って沢山あって、何が違うの?と混乱してしまいます。
    1つの医院でも色んな種類があって、その違いも分からないのに、他の医院と比べるとなるともっと分からなくなります。Q&A系のHPでも質問されているので、私と同じように迷っている人が沢山いるみたいです。

    今日は、品川近視クリニックの手術の違いについてまとめようと思います。
    なお、手術名が長いものもあるので、以下のように記述させてもらいます。

    アマリスZレーシック・・・アマリス
    品川プレミアムZレーシック・・・プレミアムZ
    品川トリプルRプレミアムイントラレーシック・・・トリプルR
    アイレーシック(iLASIK)・・・iLASIK

    1.角膜の表面にフラップを作る際の機器が違う

    手術名

    機  器

     アマリス Ziemer社製 FEMTO LDV
     プレミアムZ Ziemer社製 FEMTO LDV
     トリプルR AMO社製 イントラレースFS60レーザー
     iLASIK AMO社製 イントラレースFS60レーザー

    <FEMTO LDVの特徴>
    ・トップビューカメラが搭載されており、手術中も患者の眼を確認しながら進行することができる。
    ・フラップの位置を微調整できる機能もあり、正確性安全性ともに優れている。
    ・フラップの作成がエキシマ室で行える為、イントラレーザー照射室からエキシマレーザー照射室へ歩行移動の必要がない。
    ・照射エネルギーが非常に低いため、手術後に炎症や眩しい症状が出にくい。

    <イントラレースFS60レーザーの特徴>
    世界的に高い評価を得ている。
    ・誤差調整マイクロシステムを付設しており、フラップの厚さの誤差を極限まで無くせる。

    <その他>
    FEMTO LDV、イントラレースFS60レーザー共に国内では未承認であるが、米国のFDA (日本の厚生労働省にあたる)では認可されている。

    2.角膜を削りレーザーで視力矯正をする際の機器(エキシマレーザー)が違う

     手術名

     機  器

     アマリス Schwind 社 アマリス
     プレミアムZ

     Wavelight社製 Allegretto WAVE Eye-Q 400Hz blue line

     (コンディションメーター付設)

     トリプルR

     Wavelight社製 Allegretto WAVE Eye-Q 400Hz blue line

     (コンディションメーター付設)

     iLASIK VISX社製 VISX STAR S4 IR

    <アマリスの特徴>
    眼の動きを5次元で1秒間に1050回という速さで認識することにより、正確なレーザー照射が可能。
    ・5次元で動きを認識するシステムはアマリスのみに搭載されている。
    ・眼の傾きにも対応でき、正確な照射位置を瞬時に判断できる。
    ・2段階の照射レベルを融合させることで、より早く、より正確なレーザー照射を実現し、照射時間の短縮によって角膜へのダメージを軽減できる。
    ・熱を分散させる照射システムを搭載しており、レーザーが重なって照射されることを防止し、熱による角膜への負担を軽減できる。

    <Allegretto WAVE Eye-Q 400Hz bluelineの特徴>
    ・レーシック手術をはじめ、屈折矯正手術において圧倒的に世界一の症例数を誇る。
    ・眼の動きを2次元で1秒間に400回の速さで認識する。
    ・術中、瞳孔の動きを常にモニタリングして、レーザーが眼の動きを察知して自動的に照射方向を調整できる。
    ・他機種に比べレーザーを照射する範囲が広いため、周辺部の視界も明瞭に見え、ハロー・グレアが起こりづらい。

    <VISX STAR S4 IRの特徴>
    ・眼の動きを照射中は2次元、照射前は3次元で1秒間に60回の速さで認識する。
    ・ウェイブスキャンで測定・解析したデータと眼の位置のズレを補正し、正確なレーザー照射に導く。
    ・照射間隔とレーザースポットの直径を適切に変化させることにより、レーザー照射時間を最短にし、角膜の切除量が最小限に抑えられる。
    ・照射速度を6Hzから20Hzに変化させることができ、レーザー照射中の角膜の温度の上昇が抑制される。

    <その他>
    アイトラッキング(眼球自動追尾装置)の性能は夜間の見え方の質(ハロー・グレア)にも影響し、照射位置の微妙なズレが生じた際は夜間の見え方の質の低下につながる。つまりアイトラッキングが優れていればいるほど見え方の質は良くなる。
    エキシマレーザーは大変緻密で1/1000ミリ単位で角膜を削るので、湿度が変化すると切除量も変化して仕上がりに影響がでる為、コンディションメーターによりレーザー出力周辺部を常時管理することで安定したレーザー照射が行なえる。
    2009年10月時点、日米の医療行政当局の承認を得ていないSchwind社製アマリスについては安全性が確認できていない。VISX社製 VISX STAR S4 IRは日本の厚生労働省やアメリカ食品医薬品局(FDA)で承認されており、安全性や屈折矯正への効果を認められた技術である。

    3.エキシマレーザーの周波数と照射時間が違う
    周波数の違い=照射時間の違い(同じ度数を矯正する場合)

    エキシマレーザー

    周波数

    照射時間

     アマリス 500Hz 約5秒
     Allegretto WAVE Eye-Q 400Hz blue line 400Hz 約6秒
     VISX STAR S4 IR   20Hz 40秒程度

    照射時間が短い方が乾燥の影響を受けにくいため、より精度の高い照射が可能となる。※照射時間が長い場合、術中の乾燥によりレーザーの効果が強く出てしまい、過矯正気味になることがある。

    4.保証期間と手術費用が違う

    手術名

    保証期間

    手術費用(税込)

     アマリス 15年 両眼26万円
     プレミアムZ 13年 両眼22万円
     トリプルR 12年 両眼17万8,000円
     iLASIK 10年 両眼20万円

    こうして調べた限りでは、どの手術が一番良いとも悪いとも言えませんが、視力の回復はどの手術も差がないと思って良いようです。
    どの手術を選択するかは、適応検査で自分の眼がどの手術に合っているかということをはじめ、どんな手術を受けたいか(例えば術中は歩行移動したくないとか)、医院とのフィーリング、価格などを総合的に考えて決めるしかない気がします。
    一生付き合う大切な眼の手術なので、やみくもに最新技術に頼るのではなく、技術の安全性や効果が立証されている医療機器を使用した手術を受けた方が良いのかも知れません。

    詳しくは、品川近視クリニックのHPをご覧ください。
    コチラから適応検査や手術の予約もできます。
    レーシック
    2010年03月09日 (火) | Edit |
    今週末、夫が神奈川クリニック眼科の適応検査を受けに行くことになったので、
    その前に神奈川クリニック眼科についてまとめておこうと思います。

    <特徴>
    ★世界最高速の性能を誇るエキシマレーザー『コンチェルト』を日本で唯一導入
    ★ISO 14644-1「クラス6」相当を満たした、移植手術なども行える本格的なクリーンルームを採用している
    2000年の開院以来、感染症ゼロ!
    ★多くの選択肢の中から、医師と相談の上で満足のいく治療を選べる
    眼科の専門教育を5年以上受けた眼科専門医が多数在職している
    ★過剰な利益や無駄なコストを排し、患者の負担にならない費用を設定している
    ★国内でも類を見ない250,000症例以上の実績

    <手術項目(主なもの)・料金(税込)>

    手術名

    料金

     コンチェルトスーパーイントラレーシック 21万円
     ウェーブフロントエクストラビュー 26万円
     CRスーパーイントラレーシック(新宿院のみ) 13万8,000円
     アイレーシック(iLASIK)(新宿院のみ) 25万円

    <手術詳細>
    コンチェルトスーパーイントラレーシック
    フラップ作成にイントラレースFS60を、角膜の屈折力調整にコンチェルトを使用。
    コンチェルトはドイツWavelight社の最上位機種で、限定生産のため、 国内では神奈川クリニック眼科だけが導入している。 コンチェルトの最大の特長はレーザーの周波数が500Hzと高速で、レーザーの照射時間が短時間で済むこと。 裸眼視力で、軽度〜中等度(約0.06〜0.3)の近視の人であれば照射時間は数秒程度で眼の負担を軽減できる。 また角膜の切除量がアイキュー(Eye-Q)と比較して少ないため、角膜厚を多く残すことができる。近視の強い人や角膜が薄い人に適している。
    ウェーブフロントエクストラビュー
    通常のレーシックでは解析することのできなかった眼球のわずかな光の歪み(高次収差)まで解析してレーザー照射するタイプのレーシック。視界のボケやにじみ、ハロ・グレアなどの夜間視力を改善し、よりクリアな視界が得られる。 ウェーブフロント技術は、世界最高クラスのエキシマレーザー機器コンチェルトと組み合わせることで最上級の効果が得られる。
    CRスーパーイントラレーシック
    フラップ作成にイントラレースFS60を、角膜の屈折力調整にアイキュー(Eye-Q)を使用。 アイキューのレーザー周波数は400Hzでコンチェルトよりは劣るが、 眼球追尾機能など一部コンチェルトと同様の機能も搭載している。
    レーシックをリーズナブルに受けたい方に適している。
    アイレーシック(iLASIK)
    眼球のゆがみ(収差)をウェーブスキャン・ウェーブフロント(WaveScan WaveFront)で解析し、フラップ作成にイントラレースFS60を、角膜の屈折力調整にビジックス・スター S4 IRを使用。眼球の収差が大きめの人や、見え方の質にこだわりたい人に適している。アメリカAMO社は、ウェーブスキャン・ウェーブフロント、イントラレースFS60、ビジックス・スター S4 IRの3機種を使った視力回復手術をアイレーシック(iLASIK)と名付けている。

    夫はコンチェルトスーパーイントラレーシックが気になっているそうです。ウェーブフロントエクストラビューとアイレーシックも気になりますが、値段がちょっと高いので夫の眼はここまでの技術が必要なのか、適応検査の時に要相談です。
    2010年03月05日 (金) | Edit |
    夫が今週末、東京有楽町にあるレーシック専門クリニックの品川近視クリニックに適応検査を受けに行くことになりました。
    初めての適応検査なので、妻の私もかなりドキドキです・・。

    適応検査を受ける前に、品川近視クリニックについてまとめておこうと思います。

    <特徴>
    ★イントラ・レーシック世界トップレベル65万症例以上の実績
    全ての手術室がクリーンルームで衛生管理を徹底
    ★開院以来、手術による感染症ゼロ件!
    ★最新レーザー機器を多数完備!
    世界トップクラスの症例経験を持つドクターが多数在籍

    <手術項目(主なもの)・料金(税込)>

    手 術 名

     料金

     アマリスZレーシック(東京・大阪のみ) 26万円
     品川プレミアムZレーシック 22万円
     品川トリプルRプレミアムイントラレーシック 17万8,000円
     エピレーシック(東京のみ) 17万8,000円
     ラゼック(福岡以外) 17万8,000円

    <手術詳細>
    アマリスZレーシック
    医院最高機種、5次元アイトラッキング搭載。 フラップの作成に術後の眼の負担を最小限に抑えることを可能にしたフェムトセカンドレーザーと、 エキシマレーザーには5次元で眼の動きを認識する機能を搭載したアマリスを使用する(5次元で眼の動きを認識する機能はアマリスのみに搭載されている) 。これら2つの機器を組み合わせることで、より安全で質の高い手術を実現できる。 見え方の質も追求されており、夜間に起こるハローやグレアを改善、正常な視力が得られる。
    品川プレミアムZレーシック
    屈折矯正に多くの実績を残している『エキシマレーザー』を使用。 軽度近視の人であれば照射時間はわずか数秒で済み、眼への負担が大幅に軽減され、手術の精度・安全性が高い。 最新型の機器ではトップビューカメラが付いているので、手術中も患者の眼を操作画面上で確認しながらフラップを作成できる。 役職ドクターが手術を担当。 万が一トラブルがあった場合も役職ドクターが診察してくれるので術後のケアも安心できる。
    品川トリプルRプレミアムイントラレーシック
    フラップの作成に最新型の『イントラレースレーザー』を使用し、屈折矯正には多くの実績を残している『エキシマレーザー』を使用。手術を行なうドクターは1万症例を超える経験豊富なドクターが中心となってチームを編成。 世界トップクラスの症例データと経験、技術、知識を基に、安心して手術が受けられる理想的な環境を実現。
    エピレーシック
    エピケラトームという機器を使用して角膜上皮部分のみのフラップを作成する方法。 角膜の薄い人、格闘技など激しいスポーツをしている人に適している。
    ラゼック
    眼にキズのある人や目の小さい人など、エピケラトームの使用が適さない場合にも対応できる。角膜が薄いなどの理由でレーシック適応外の人や、格闘技など激しいスポーツをしている人に適している。

    夫はアマリスZレーシックと品川プレミアムZレーシックが気になっているようですが、アマリスZレーシックは結構お高いので、品川プレミアムZレーシックで十分なら私はこっちが良いかなぁなんて。

    品川近視クリニックについてはコチラをご覧ください。
    HPから適応検査や手術の予約もできます。
    レーシック

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。