--年--月--日 (--) | Edit |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2010年02月26日 (金) | Edit |
    今日はレーシックに向かない人についてまとめようと思います。

    <レーシックに向かない人>
    ・円錐角膜、ヘルペス性角膜炎、ぶどう膜炎を起こしたことのある人
    ・緑内障、白内障の人
    ・術後の角膜創傷治癒過程に問題のある疾患を持っている人
    ・角膜疾患を起こす恐れのある薬剤を服用中の人
    ・角膜の内皮細胞が極端に少ない、角膜が極端に薄い人
    ・膠原病などの傷の治りが悪い人
    ・糖尿病の人(軽度であれば可能な場合もある)
    ・妊娠中・授乳中の人
    ・視力が安定しておらず、近視が進行中の未成年

    夫は取り敢えず上記には当てはまっていないけれど、角膜の厚さなんて分からないしなぁ。あれこれ調べていても、所詮は机上の空論。とにかく適応検査を受けなければ何も始まらないんだと思いました。
    スポンサーサイト
    2010年02月25日 (木) | Edit |
    今日と明日で、レーシックの向き不向きついてまとめようと思います。

    デメリットについて書いた時にも書きましたが、適応検査の結果、手術を受けられない人もいます。

    <レーシックに向いている人>
    ・眼鏡やコンタクトでは視力が矯正しきれない人
    ・体質的にコンタクトができない人
    ・近視では採用してもらえない職業を希望している人
    ・眼鏡やコンタクトを使用していると危険を伴うスポーツをしている人
    ・左右の屈折率が著しく違う状態にある『不同視』の人
    ・左右の視力にかなりの差がある『同種不同視』の人
    ・片眼が近視で片眼が遠視というような『異種不同視』の人
    ・強度乱視でコンタクトが合わない人
    ・花粉症やハウスダスト等のアレルギーでコンタクトが装着できない人

    夫はジョギングをしたがっているので、やっぱりレーシックは魅力的なようです。
    また花粉症なので、年明けからゴールデンウィークくらいまではコンタクトができず、とても不便な思いをしています。
    適応検査を受ける前の今は、レーシックが適応することを祈るばかりです。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。