--年--月--日 (--) | Edit |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2010年06月07日 (月) | Edit |

    今日は、SBC新宿近視クリニックの手術の種類と違いについて書きたいと思います。SBC新宿近視クリニックは、東京の新宿にあるレーシック専門クリニックです。

    過去に、品川近視クリニック神奈川クリニック眼科銀座近視クリニックの手術に関する記事は書いたのですが、 SBC新宿近視クリニックの手術に関する記事は書いていませんでした。

    それは何故かというと・・・手術コースが多いからです^^;。

    HPに記載されているコースをぱっと数えてみたら、14種類もあったんです。これはまとめるのが大変そうだなぁと思って、なかなか踏み切れずにいました。でも、まとめ始めて気付きました。例えるなら、ラーメンの追加トッピングです。煮たまごを追加するとプラス100円、のりはプラス50円みたいな感じだったのです。

    HPに記載されていたコースは14種類で、老眼治療が2つ、ラゼックが1つ、美容整形が4つ、レーシックとイントラレーシックが7つでした。当ブログでは、レーシックとイントラレーシックの7つの手術について比較したいと思います。

    名称が長いものは以下のように略して記載します。

    【術式名】
    ・プラチナSBKレーシック・ベーシックプラン ⇒ プラチナSBKベーシック
    ・プラチナSBKレーシック・エキスパートプラン ⇒ プラチナSBKエキスパート
    ・プラチナイントラレーシック S-line ⇒ プラチナイントラS-line
    ・遠視の人のためのレーシック ⇒ 遠視の人のため
    ・コンベンショナルイントラレーシック ⇒ コンベンショナル
    ・プレミアムiLASIK(アイレーシック) ⇒ アイレーシック
    【エキシマレーザー】
    ・アレグレット ウェーブアイキュー ブルーライン ⇒ アレグレット
    ・ビジックス スター S4 IR ⇒ ビジックス

    それでは、手術の比較に入ります。
    術式名と料金は、2010年6月現在のものです。

    【フラップ作成にSBKウルトラマイクロケラトームを使用する手術】
    SBKウルトラマイクロケラトームは、従来のレーシックで使用されてきたマイクロケラトームという金属製のブレード(カンナの様なもの)で、レーザーではありません。フラップを作成した滑面が平らで滑らかであり、術後の炎症が少ないため、回復が早いのが特徴です。

    術式名エキシマレーザー料金(両眼)
     プラチナSBKベーシック アレグレット   8万円
     プラチナSBKエキスパート アレグレット 12万8,000円
     安心無痛レーシック アレグレット 13万8,000円

    エキシマレーザーもアレグレットで共通しているので、使用する機器は全て同じということになります。 プラチナSBKベーシックは、平日の月曜日か金曜日の午前中のみ受けられます。執刀はすべて眼科専門医、再手術は有料となります。
    このプラチナSBKベーシックを基本メニューにして、トッピングしていきます。

    プラス4万8,000円で、手術の曜日・時間の指定がなくなり、 執刀は院長・副院長および4万症例以上の経験を持つ医師限定となります ⇒ プラチナSBKエキスパート

    プラス5万8,000円で、手術の曜日・時間の指定がなくなり、執刀は院長・副院長および4万症例以上の経験を持つ医師限定、さらに術前に鎮静・鎮痛作用のある薬を投与してもらえます ⇒ 安心無痛レーシック

    プラチナSBKエキスパートにプラス1万円すると、安心無痛レーシックになります。

    【フラップ作成にイントラレースFS60レーザーを使用する手術】
    イントラレースFS60レーザーは、安全で正確なフラップの作成ができます。

    術式名エキシマレーザー料金(両眼)
     プラチナイントラS-line アレグレット 15万8,000円
     遠視の人のため アレグレット 17万8,000円
     コンベンショナル ビジックス 19万8,000円
     アイレーシック ビジックス 25万円

    プラチナイントラS-lineは、手術の曜日・時間の指定がなく、執刀は院長・副院長および4万症例以上の経験を持つ医師限定です。
    このプラチナイントラS-lineを基本メニューにして、トッピングしていきます。

    プラス2万円で、遠視による目の疲れが改善されます ⇒ 遠視の人のため

    プラス4万円で、エキシマレーザーがビジックスになり、強度近視や乱視で他の術式でできなかった人も手術可能になります。
    ただし執刀はすべて眼科専門医になります ⇒ コンベンショナル

    プラス5万2,000円で、エキシマレーザーがビジックスになり、さらにウェイブスキャンも追加され、個人の目に合わせたカスタムメイドの視力矯正で見え方の質も向上させることができます ⇒ アイレーシック

    こうしてまとめてみると、もっとシンプルにすれば良いのにという印象でした。料金に関しては、他のクリニックを良く研究しているなという感じの設定です。手術コースが多いと選択肢は広がるので、レーシックで自分が求める結果をきちんと分かっている人にとっては良いのかも知れません。ちゃんと調べていない人や、具体的な希望を持っていない人なんかは、トッピングの全部乗せじゃないですけど、とにかく高いのにしておけば良いだろうと考えてしまいそうです。その辺は、適応検査のカウンセリングできちんとフォローしてくれると思いますが・・・。

    あともう一つ気になったことは、執刀してくれる医師のことです。
    『院長・副院長および4万症例以上の経験を持つ医師限定』と『眼科専門医』の2種類がありますが、院長は5000症例なので、なんか曖昧な感じが否めません。この辺もカウンセリングでしっかりと確認する必要がありそうですね。

    SBC新宿近視クリニックに限ったことではないのですが、レーシックで自分はどんな結果を望んでいるのかを良く考えて、 カウンセリングでそれをきちんと伝えることが大切だと思います。そうすれば、手術コースが沢山あって迷ったり困ったりせずに、納得のいく手術を選ぶことができるのではないかと思います。

    さらに詳しく知りたい方は、SBC新宿近視クリニックのHPをご覧ください。
    スポンサーサイト

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。